--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2011-09-04(Sun)
blog_import_523d677ed7329.jpg
(Photo by デフィー)


先進8カ国の人口密度を見ると、(2010年)

アメリカ _33人/km2(130位)(2007年食料自給率124%)
カナダ  __3人/km2(172位)(2007年食料自給率168%)
イギリス 256人/km2( 28位)(2007年食料自給率_65%)
フランス 115人/km2( 59位)(2007年食料自給率111%)
ドイツ  229人/km2( 31位)(2007年食料自給率_80%)
イタリア 200人/km2( 36位)(2007年食料自給率_63%)
ロシア  __8人/km2(165位)(  ―  )
日 本  337人/km2( 18位)(2007年食料自給率_40%)

となり、日本はダントツです。 人の居住に適さない面積も含んで計算しているので、単純には比較できませんが。 日本が山国ということを考えれば、これ以上増えるのが良いのか? と言いたくなります。 
比較的地勢の似たイタリアを例にしてみると、日本の面積は377,835 km2ですから、イタリア並みの人口密度だと総人口は約7,557万人となります。 過去の人口数で言えば昭和22年頃の人口です。 未来の人口数で言えば総務省の予測では平成78年頃(50年後)の人口です。 2010年の人口が約12,748万人ですから、約41%減の数値となります。  環境保護・循環型社会・省エネルギー・自給自足の観点から、100年先の未来像を、ここでしっかりと計画する必要があります。 わたしは質素ながらも、自給自足の自然豊かな日本を目指すべきだと思っています。 ちょうどわたしが生まれた昭和26年頃、東京近郊は田園に囲まれ、多くの自然が残るところでした。 ジブリの  「 となりのトトロ 」 を見たときに、思わず当時の風景やその色彩、空気や雨の臭いを思い出し、懐かしさで胸がいっぱいになったのを覚えています。 わたしは日本の人口は8,000万人ぐらいでちょうど良いのではないかと思っています。 最近は専門家の間でも、日本の人口減少を肯定的に捉える人が増えてきています。
関連記事
Category : 社 会Comment : (0)Trackback : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。