--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2015-08-15(Sat)
今日は70年前に、日本が降伏した日であります。

この戦争で、多くの犠牲者が出ました。 それは、日本人だけではなく、アジアの諸国をはじめとして、欧米の軍人・民間人・大人も子供も悲惨な思いを味わい犠牲となりました。 この犠牲は無くてもよかったはずのものではなかったか、今もって残念でなりません。
よく” この人たちの尊い犠牲があったからこそ、今の平和がある  ”という声を聞きますが、確かに日本人以外の人達が言うのはもっともなことでしょうが、日本人が言うのは、どこか、わたしは違和感を覚えます。 日本人の犠牲を無にしたくない気持ちは、とてもよく分かるのですが、この言葉は、日本の起こした戦争を美化してしまうもので” それは違うだろう ”と言いたくなります。 戦争中に大本営がガダルカナルの玉砕を「 転進 」と言って国民をごまかしていましたが、それと同じようなものです。

日本人の犠牲者は、誤った国の指導者に犠牲を強いられたといえます。 
関連記事
Category : 社 会Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。