--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2015-06-22(Mon)
blog_import_523d711e2f49a.jpg

SGI池田会長は折々の会合で御書を繙き、次のように語られています。


【 本文 】 御義口伝(P753) 
『 今日蓮等の類いの意は即身成仏と開覚するを如来秘密神通之力とは云うなり、成仏するより外の神通と秘密とは之れ無きなり、此の無作の三身をば一字を以て得たり所謂信の一字なり、仍つて経に云く「我等当信受仏語」と信受の二字に意を留む可きなり。 』

【 通解 】 
『 今、日蓮およびその門下の元意でいえば、即身成仏と開き覚ることを「 如来の秘密・神通の力 」というのである。 成仏すること以外に「 神通 」も「 秘密 」もない。 この無作の三身をただ一字をもって得ることができたのである。 いわゆる「 信 」の一字である。 ゆえに経文に「 我ら等当に仏の語(みこと)を信受したてまつるべし 」とある。 この「 信受 」の二字に心を留めるべきである。 』

【 指導 】
* 「 秘密 」といい、「 神通 」といっても、「 即身成仏 」すなわち、この人生で、このありのままの自分が、絶対的幸福を得ること以外にないのである、とのご断言であられる。 仏法にはそれ以外に、何か特別な、神秘的なものは何もない。 いわんや、神秘めかした格好で民衆の幸福を破壊するような聖職者は、断じて、日蓮大聖人の仏法とは” 無関係 ”なのである。 大聖人ご自身も” 民衆をあざむく神秘主義 ”と敢然と戦われた。 絶対にだまされてはならない。
「 仏語を信受 」と経文にあるように、私どもは「 仏 」のお言葉、御本仏日蓮大聖人の御書を信じている。 どこまでも「 大聖人根本 」であって、途中の人師、論師が明らかに大聖人に背く言動を始めたら、絶対に従がうわけにはいかない。

< 御書とその心 >より


ここでいう「 信 」とは、身口意の三業の「 信 」をいいます。 そう簡単なことではありません。

それでも、即身成仏するのに、頭の良い悪い、知識が有る無い、地位の上下、財産の有無、男か女かは関係がないということであり、そのままで、仏語つまり法華経、法華経つまり御本尊を、身で信じ行動し、口でも信じ対話し、心で信じ祈り切ってゆけば、如来の秘密である神通の力が湧き、生命の宝珠を求めずして得ることができるのだと思います。

この「 信受 」の「 受 」 とは、『 無作の三身をば一字を以て得たり 』の” 得たり ”に当る部分であり、即身成仏のことなのです。 邪宗門が言うような、大御本尊(大聖人)の化身である法主に従がうことを意味しているのではありません。  「 信 」の一字が大事だと、日蓮大聖人が仰っておられるのは、まことに故あることなのです。
創価の会則改訂も時の流れとはいえ「 信 」の一字になったというのは、偶然ではないように思います。


※ 2015/06/23改訂
関連記事
Category : 御 書Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。