--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2011-08-10(Wed)
blog_import_523d5a9b50122.jpg
(Fotopedia CC Ben Tubby Taboche


功徳とは、色々な見方があるでしょうが、わたしは、信心のため、広宣流布のために苦労することが、実は功徳だと考えています。
 
信心をすれば、反対され、バカにされ、罵倒されたりします。 会社を首になったり、意地悪されたりもします。 折伏で苦労し、結集で苦労し、同志のために東奔西走して苦労します。 そんなことがイヤになって、初信の功徳を忘れて退転する人もいます。 しかしそんな苦労が人間を鍛え、境涯を豊かなものにしていってくれることを知ってほしいのです。 世間のことですら、若いときの苦労は買ってでもしなさいと言われます。 信心の世界ではなをさらに貴重な鍛錬なのです。 日蓮大聖人は、苦難を受けるのは、過去の宿業・正法誹謗の罪を、信心で今に鍛え出だすからだと言われております。 刀は火花を散らすほど叩いて、隠れた傷や不純物を取り除き、冷水で鍛え抜いてこそ名刀となっていきます。 わたしたちもこれと同じで、広宣流布のために苦難を受け、それを乗り越えることで、境涯を開き、福運をつけ、真の幸福を掴んでいくのです。 転重軽受・変毒為薬を思えば、信心のうえの苦難は即功徳であり福運を積む因といえるのです。 日蓮大聖人は、竜口の法難のときに四条金吾が覚悟の涙を流したのを見て 『 ふかくの殿ばらかな・これほどの悦びをば・わらへかし 』 とおっしゃって、 「 一心欲見仏 不自惜身命 」 を身読せられました。 戸田先生は 「 難を乗り越える信心 」 と、池田先生は 「 絶対勝利の信心 」 と言われております。 目先の現象に紛動されず信心を生涯貫き通し、宝のような広宣流布の思い出と、幸せの因果を抱いて人生に勝利をしたい、とわたしは思っています。
関連記事
Category : 信 心Comment : (3) |

No title * by せんしゅ
すばらしい覚悟ですね
毎回感動しながらも我が身の不甲斐なさを感じます
お題目がなかなかあがらない、座れないなごという時はないのでしょうか
もし万が一ありましたら克服の手がかかり等少しでもご指南して頂きたいです…
もちろん良かったらの話です

No title * by 夕焼け
せんしゅ さん こんばんは

特効薬はありません。(^^

わたしは、なにかあれば、御本尊を思い浮かべ暗唱します。いつでもどこでも暗唱します。 御本尊の前では、ありのままの気持ちを向けています。 今の想いを御本尊に聞いてもらうような感じです。 御本尊の前では格好つける必要はなく、自分をさらけ出せば良いのでは。

No title * by せんしゅ
ご指南ありがとうございます
私でもすぐ実践できそうです
安心しましした早速行います
信心に特効薬も近道もないのですね
形にこだわって益々ずれていました
ありがとうございました

コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。