--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2015-02-15(Sun)
明日は、1222年(貞応1年)2月16日に日蓮大聖人がお生まれになった記念の日であります。 その日は、新暦(グレゴリオ暦)でいうと4月6日にあたり、ちょうど春の桜が咲いていたのではないでしょうか。
日蓮大聖人の誕生は人類の幸福の曙であり、長い長い冬の時代に、春の桜花爛漫のふくよかな風が吹き始めた瞬間であります。

わたしは、いずれこの日は新暦で祝うことになると思っています。 様々な生命の息吹が満ち溢れる春こそ、祝うのにとてもふさわしいと思うからです。
いまはまだ、創価ではそれを祝う行事などは、記念の勤行会がせいぜいですが、いずれ、世界中で庶民が祝うようになると、どんなふうになるでしょうか?
楽しみであります。 (^^

わたしは、これから、勤行・唱題をしたあと、御書の生死一大事血脈抄を拝し、正月から御宝前にあげてあった奉献酒を戴き、床に入ろうと思います。
関連記事
Category : 記念日Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。