--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2015-02-23(Mon)
広宣流布というのは、日蓮大聖人の願いであり、地涌の菩薩の誓願であります。 地球上で唯一、創価だけが日蓮大聖人の心を心として、その流れを創ってきました。
この流れ、潮流を断じて止めてはなりません。

一閻浮提総与の御本尊(大御本尊)を所持しているとされる大石寺の邪宗門に、広宣流布が果たしてできるでしょうか。 所持して700年以上経とうとしていますが、どうだったでしょう。 大御本尊を所持していることが大事なのか、広宣流布することが大事なのか、わかりきったことであります。
ちょうど、年頃の娘さんが、結婚式に使う純白のウェディングドレスを後生大事にして、婚活をしないのと同じです。 結婚していく同じような年頃の娘さんに、” 安物のウェディング ”なんか着ても幸せになんかなれない、と毒づいているようなもので、哀れと言う以外にありません。

大御本尊は広宣流布が実現し、戒壇である本門寺が建立されたとき、そこに懸ける御本尊であるとされています。 広宣流布の儀式を行うための御本尊でありますから、本来はその時まで、御宝蔵に厳護されているものなのであります。 邪宗門が邪まな心で” 根本の御本尊 ”と言っていますが、権威で身を飾るために利用しているだけであって、けっしてだまされてはいけません。 大御本尊を所持していなければ、その他の御本尊に力が無くなるかのような論理は破綻しています。 ハッキリ言って邪義であります。 御本尊の功力は絶対でありますが、唯一絶対の御本尊など宇宙のどこにも存在しません。 宇宙に存在するのは南無妙法蓮華経という法と自受用身如来(日蓮)という人(にん)であります。 しかも唯一ではなく遍満しているのです。 仏法の法理を知らない輩の戯言に惑わされてはいけません。
他の星にある御本尊が、一閻浮提総与(全世界)でなく、全宇宙総与だったらどうするつもりなのでしょう。 地動説を頑迷に信じるようなものであり、くだらない論争に必要以上にかまけることはありません。 毎日、わたし達が勤行で御本尊に読み上げている、法華経寿量品第十六の自我偈には、何と書かれているでしようか。 よく心に留めるべきであります。 誓願に生きる処が常寂光土であり、御本仏は常にそこに居られるのであります。 日蓮大聖人の心を持たぬ邪宗門に何が出来ようというのでしょうか。

広宣流布の闘争こそが、地涌の菩薩の使命であります。
御書には『 詮ずるところは天もすて給え諸難にもあえ身命を期とせん、(中略) なんどの種種の大難・出来すとも智者に我義やぶられずば用いじとなり、其の外の大難・風の前の塵なるべし、我日本の柱とならむ我日本の眼目とならむ我日本の大船とならむ等とちかいし願やぶるべからず。 』とあります。 たとえ、大御本尊の前を遮る者がいて、創価の信心を止めよ、と脅そうとも、広宣流布の誓願に生きるのです。 広宣流布は日蓮大聖人の 『 ちかいし願やぶるべからず 』との厳命であります。
関連記事
Category : 御本尊Comment : (1) |

承認待ちコメント * by -

コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。