--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2015-01-12(Mon)
一ノ倉沢
( 写真:谷川岳一ノ倉沢 )

今日は成人の日の祝日です。

最近は地元で成人式が迎えられるようにと、日にちを変えて休日と継ないでいますが、なかなかいいアイデアだと思います。 やはり故郷で幼なじみと一緒に迎える成人式は、いいものだと思います。

というわたしは、故郷を持たない東京人ですから、ほんとうのところは判りません。

二十歳といえば、もう43年前のことで記憶も薄れていますが、たしか、わたしは成人式には参加していません。 当時は、公会堂で成人式が執り行われ、区長が祝辞を述べ、成人の代表が決意を披露するというだけの、つまらないものでしたから、参加していないはずです。

かわりに、その夏、中学の同級生と谷川岳に登り、成人を祝っています。 とはいっても、山岳部の彼らについていくことなど、わたしには出来るはずもありませんから、途中まで登って、垂直の壁のところで諦めました。 そんなわたしを見て、彼らはおもしろがっていたにちがいありませんが、そんなことは承知で、わたしも、それを楽しんでいました。
その前日の夜、初めて30キロのリュックを背負い、土合の駅からキャンプ地まで、暗闇の中、山道を長いこと歩いたのを覚えています。 着くころには小雨が降り始め、キャンプ地を川の中州から少し高台に移して野営しましたが、わたしは雨音と川の徐々に増してくる流れの音で、なかなか寝付くことができないでいました。 それでも疲れが勝ったのか意識がなくなり、目が覚めてみれば雨もやんでいて、テントから出てみると辺り一面が朝の光に包まれおり、靄(もや)の漂う木立の様子を目にしたときは驚きでした。 キャンプ地に来るまでや、テントを張っているときは真っ暗闇で、ヘッドライトの明かりだけでしたから、まるで別世界のように感じたのです。
朝食を準備し、温かいコーヒーを飲んで、すぐテントを出発。 途中で谷川岳の雪解け水の流れに口をつけ、直接飲んだときの味は忘れられません。 最高でした。

昔話は長くなるので、この辺でやめておきますが。

ようするに、成人の皆さん、
おめでとう! (^^
関連記事
Category : 歴 史Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。