--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2011-08-07(Sun)
blog_import_523d5a13c614a.jpg
(Fhoto by カツヤ38)


日蓮大聖人の信心を始めれば、ほとんどの人が初信の功徳を体験します。 素直な気持ちで信心を始めていれば、必ず現証として現われます。 この初信の功徳というのは、この信心をやり遂げれば必ず宿命転換して、一生のうちに成仏できるという証拠を示してくれているのです。 初信の功徳は、内面的な充実や、病気が治癒したり、商売が繁盛したり、人間関係が改善したり、事故から救われたり・・・・・・・・etcと、自身であったり、家族であったり、いずれにしても、そのときに思い悩んでいたことが解決し、いい方向に転換していくことが実感できるのです。 わたしも、信心を始めたときに体験しています。 ?と思う方は、論より証拠で、創価の信心を始めて、ぜひ体験してみてください。 (^^
 
信心したからといって功徳ばかりの生活がずっと続くわけではありません。 信心の実践が少し進んでくると、こんどは自身の境涯を高めていく作業と宿業を清算し福運を積むことと向き合うようになります。 ちょうど使っていなかった水道の蛇口を開けたときのような現象が起きてきます。 最初は蛇口から空気やサビや汚れた水が出てくるように、過去の罪や宿業の垢が少しずつ生活に現れてくるのです。 信心の実践が身につき始めたころや信心にたゆむ心が生じたころに、未来に受けるはずの罰や宿業が、転重軽受・変毒為薬の原理に従って現身に現われてくるのです。 いわゆる宿命転換の時を迎える場面がやってくるのです。 人によって宿業の軽重・浅深・多少の違いがあるため、時期や現れかたも様々になりますが、御本尊に唱題しながら、仏法対話を繰り返しながら、この苦難を乗り越えて、幸福の頂きに向かって登って行かなければなりません。 このサビや汚れが出れば、あとは清らかな水が滔々と流れ出すように、境涯も豊かになり、汲んでも汲みきれないほどの功徳が出てきます。 もう要らないと言っても出てきます。 
ところで、サビや汚れを全部出し切らないとダメなのかというと、これがまたいろいろとありまして。 すべての話をするのは煩雑になるのでやめますが、苦難の旅の連続では大変なので、ところどころで境涯に合わせながら、様々に功徳をいただいてリフレッシュしながら、旅をするようになっているのです。 また、釈迦在世と違い今の時代は、功徳や罰は ” 顕 ” ではなく ” 冥 ” を表としておりますので、真の功徳は海が満ちてくるように現れ、重い宿命は薄皮が剥れるようにして消失していきます。 信心の在り様で一進一退、七転び八起きの状態を経験することにもなるのですが、まじめに地道に信心をしていくならば、最後には必ず勝利の人生を飾ることが出来るのです。 

日蓮大聖人の仏法にはその原理と実践の方途が示されており、御本尊と南無妙法蓮華経の題目には限りなく、偉大な、そして確かな力があります。 この信心を知らない人で、いまそこに、苦難に沈みかけている状況があるならば、早く創価の陣列に加わり、一生成仏の法味を受けて、共々に幸せになっていきましょう。
関連記事
Category : 信 心Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。