--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2015-01-05(Mon)
第二代戸田会長が、ある寺院の落慶法要で、法華講と講の一つである創価学会の違いについて次のように話されたことがあります。 


* 「 古い御信者(法華講やその他の講)と違うところはですね。 古い信者方は、“ いつか広宣流布はできるだろう ”と、こう思っているのと、創価学会は、“ 広宣流布をする ”ていうのと、それは、ちょっと違うんですね。 それだけの相違なのです。
古い御信者は、いつかできるだろうと呑気にしていますけども、我々は、すぐやらんきゃならんと思うから忙しいだけです。 」 (抜粋)


この差は、まったくもって大きいですね。
この差が、今の邪宗門を生んだ遠因といえるでしょう。
心が腐ってしまうのは目に見えています。
 “ 広宣流布をする ”、“ 今すぐやらんきゃならん ”という思いは、そのまま日連大聖人の心ではないでしょうか。 久遠の誓願に生きる創価だからこそ、仏意仏勅の団体となったのです。

「 時を待つべきのみ 」と大聖人は仰っていますが、勘違いするのも甚だしいといえます。
関連記事
Category : 創 価Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。