--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2014-12-10(Wed)
新・人間革命 広宣譜15
(聖教新聞2014年12月4日付 新・人間革命 広宣譜 15)


2014年12月4日付の聖教新聞に、次のような池田SGI会長の話しが載っておりました。


* 諸君のなかには、さまざまな苦悩を抱えて悶々としている人もいると思う。 そして、いつか、苦悩など何もない、今とは全く異なる、きらびやかな人生が開けることを、欲している人もいるかもしれない。
 しかし、人生は、永遠に苦悩との戦いなんです。 悩みは常にあります。 要は、それに勝つか、負けるかなんです。 何があっても負けない自分自身になる以外に、幸福はない。
 どんなに激しい苦難が襲い続けたとしても、唱題しながら突き進み、乗り越えていく――そこに、真実の人生の充実と醍醐味があり、幸福もあるんです。 それが、本当の信仰の力なんです。
 その試練に立ち向かう、堅固な生命の骨格をつくり上げるのが、青年時代の今です。 学会の世界にあって、進んで訓練を受け、自らの生命を磨き鍛えていく以外にないんです。
 二十一世紀の大指導者となる使命を担った諸君は、苦悩する友人一人ひとりと相対し、徹して励まし、仏法対話し、友を触発する指導力、人間力を、仏法への大確信を培っていってください。

< 小説「新・人間革命」 広宣譜15 >より


創価の信仰というものが、端的に示されております。 
創価に乾杯ブログでも、このことについて視点を変えながら何回も取り上げておりますが、 創価の信心をされていない方々には、ぜひ、今までの宗教観を捨てて、創価の信仰というものを捉え、知っていただきたいと思います。  そして、信心している方々には、組織の中に飛び込み、自身を鍛え上げていくことが、福運を付け、人格を磨きあげていく直道であることを知っていただきたいのであります。 所詮は、逃避ではなく” 挑戦する人間 ”であることが大事であり、創価の信心とは、そうゆうものなのです。 創価のなかで泥まみれになって生き抜き、人生において蓮華のように咲き誇ってまいりましょう。
関連記事
Category : 信 心Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。