--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2014-05-27(Tue)
集団的自衛権に関する報道が目立ってきました。

ところで、集団的自衛権とは何なのでしょう。  これは国連憲章51条に出てくる概念で、「 他国に対して武力攻撃がなされた場合に、自国が直接に攻撃されていなくても、実力を以って阻止・排除する権利 」だとされています。 この集団的自衛権は国連加盟国のどの国も持っている権利だとされています。 

ここで大事なことは、「 自衛権 」とあるように、最初に急迫違法の侵害があり、他に国を防衛する手段がなく、緊急避難に必要な限度にとどめた実力行使でなければならないということです。 集団的自衛権は、侵害された国の領土・領海・領空、あるいは自国の領土・領海・領空における侵害された国の艦船・航空機・国民を守ることにおいてのみ発動できるものであり、加えて公海上・公空上での権利が担保されているだけであります。 集団的自衛権を認めた国連憲章では、事象が発生してから国連安保理における処置がなされる間の時限的な権利と規定されています。 
日本は憲法で、「 国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。 」として、集団的自衛権の権利はあっても行使ができないとしてきました。

今の日米安保条約では、アメリカは日本が武力で侵害されたときに、共同で防衛する義務を負っていますが、アメリカが武力で侵害されたときに、日本は共同で防衛する義務は規定されていません。  日本は、相互安全保障条約を結んだ国にのみ、この集団的自衛権の行使をする義務が生じてきますが、アメリカとは条約を結んでいません。 この相互安全保障条約を結んでいたとすれば、ベトナムやアフガンやイラクに日本は自衛隊を参戦させていたでしょう。
日米安保条約は、もともと日本の防衛に特化されたものなのです。 それをあたかも相互安全保障であるかのように論理を展開して、集団的自衛権の行使を容認しようとするのは、なにか意図があるように思われます。 憲法9条と日米安保条約はセットになっているもので、集団的自衛権の行使容認は、日米安保条約を新たな相互安全保障条約に変質させようとするもので、憲法9条を空文化させかねないものです。

本来は、集団的自衛権の行使には憲法改正が必要であり、日本の領土・領海・領空以外でアメリカを守りたいなら日米相互安全保障条約が必要です。
関連記事
Category : 社 会Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。