--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2014-01-08(Wed)
パラソル 
( 写真:SGIグラフ SGI池田会長撮影 )

日蓮大聖人は、有名な四個の格言で、律宗、禅宗、念仏宗、真言宗を徹底して批判しました。 この四つの宗が、人々を不幸にし、国を亡ぼす根本原因であるとして” 邪宗 ”と断定しております。 さらに、釈迦が説いた経典を依処とする、ほぼ総ての宗派をも” 邪宗 ”と呼んでいます。

言われた宗派の坊主をはじめとして、その檀信徒は怒りに満ち、憎しみに身を震わせ、大聖人の命を奪おうとしたほどでした。 現代でも、創価の邪宗撲滅を掲げた折伏には、嫌悪感と怒りを隠さない人間は大勢います。 まあ、仕方がないと言えばそうかもしれませんが、あまりにも理性に欠けた、感情論ばかりが目立ちます。
そもそも、なぜ” 邪宗 ”なのか、日蓮大聖人の言うことに耳を傾けるべきであります。

日蓮大聖人は『 智者に我義やぶられずば用いじとなり 』と仰っているように、その理由は、道理に基づき、道筋だったものであります。 わたしは、邪宗を信仰する人々に、あたりまえのことを、あたりまえだと思えない、病理を感じています。
関連記事
Category : 仏 教Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。