--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2013-12-12(Thu)
法華経は、無問自説で説かれた教えであり、釈迦は衆生が理解しがたくても、真実をそのまま説いています。 それに比べ、その他の経、特に「 未顕真実 」とされた経は、衆生の求めに応じ、機根に合わせ、時に従い、方便を織り交ぜながら、受け入れやすいように説かれています。 法華経は一乗法をストレートに、その他の経は三乗法を段階的に示しております。 このことから考えてみると、折伏は法華経のように説くことであり、その他の経の言説は摂受と配することができます。

日蓮大聖人が、法華経の奥底を余すところなく顕わし、仏の道を具体的に示している点で、いわゆる釈迦仏法は摂受門となり、唯一、日蓮大聖人の仏法のみが折伏門となってまいります。
” 折伏 ”というのは、真実を語りぬく勇者の剣であります。

今、日蓮大聖人の精神は創価にあり、奇しくも「 大法弘通慈折広宣流布大願成就 」の御本尊を戴き、日本中に恨まれ、誹謗中傷を集めながら、仏の道を歩んでいる創価こそ折伏の王者といえるでしょう。 事実、創価の歴史は折伏の歴史であり、捨てがたきを捨て、信じ難きを信じ、御本尊を持ちて南無妙法蓮華経と唱えながら、広宣流布のために折伏に生き抜いていくのが、創価の精神であります。
関連記事
Category : 反 証Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。