--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2013-11-28(Thu)
創価の折伏というのは、その人をダメだと批判しているのではありません。 また、人を攻撃して折り伏せるというのでもありません。 仏法の原理から、正を正、邪を邪と言い切ることはあっても、相手を思う心から行う行為なのであります。
摂受は悪に対して行い、折伏は邪に対して行いますから、今の日本は、釈迦の出生の本懐である法華経を否定し、敵対する邪宗教がはびこり、尊仰されているために、それを厳しく折伏していかなければならないのです。 しかして、それは「 人 」にではなく「 法 」に帰伏せしめることが根本となります。

折伏するのは、すべての人間が尊厳なる妙法の当体だと信じるからであり、邪見、悪見、偏見のために覆い隠されていた、清浄で輝くような、妙法蓮華経の生命をあらわすためなのです。 折伏によって、相手の仏種は薫発されて、やがては信心するようになってゆきます。
人間としての共通の悩みに、一緒に苦しみ、語り合うなかで、元凶となっている原因を明らかにし、取除いていくという行為が“ 折伏 ”であり、それによって、生命の本源的めざめを起こし、自他共に幸福となってゆく大道を開いてゆくことができるのです。

創価の折伏の本質は、慈悲にあり、慈悲がなければ、折伏とは言えません。
関連記事
Category : 反 証Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。