--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2013-11-05(Tue)
日常の風景


先月の10月28日にインド創価池田女子大学で第10回卒業式が執り行われました。 そのときの池田SGI会長夫婦のメッセージのなかには次のような言葉がありました。


* 仏典には「 人のために灯をともせば、自分の前も明るくなる 」と説かれます。 人に尽くす勇気の行動こそが、自他共の未来を燦然と輝かすのであります。 

* 朝の来ない夜はない。
  闇が深ければ深いほど暁は近い。
 「 創価 」とは、希望がないところにも希望を創り出していく、不屈の太陽の異名です。


利他の祈りと行動は仏の姿であり、それに連なることで、人は自らを尊厳たらしめ、金剛不壊の境涯と環境を創りゆくことができるのであります。 勇気ある行動こそ創価の魂であります。
創価の信心は究極の希望となるものです。 不可能を可能としゆくのがこの信心です。
妙法とは尽きることのない蘇生の力のことであり、法華経には「 如来秘密 神通之力 」 と説かれており、妙法の当体とは御本尊のことでありますが、南無妙法蓮華経と唱え、人に信心を語りゆく我らのことでもあります。
関連記事
Category : 創 価Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。