--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2013-10-07(Mon)
最近、ジブリアニメの「 風立ちぬ 」が公開されて、話題になっていましたが、ジブリアニメといえば、わたしは、やはり「 魔女の宅急便 」が好きです。

その「 魔女の宅急便 」は、童話作家の角野栄子さんのライフワークとなった同名作品を映画化したものですが、主人公のキキが、悩みながら一生懸命に生きて、大人に成長していく姿がとても爽やかで、印象的でした。 この作品には、 ” キキのように、誰だってひとつくらい「 魔法 」を持っているのだから、それを信じて、自分が人の為に何ができるのか、したいのか、一生懸命探してみなさい。” というメッセージが込められているような気がいたします。
人は結局は、だれかの為に生きることで、自分を見つけ、才能を開花させながら成長し、生きがいを感じていくものなのだと思います。

ところで、「 風立ちぬ 」は観たかって?
はい、観ましたよ。 (^^

風立ちぬ
(flickr cc 2013 ccsx kaze-tachinu

主人公とその妻の別れが、とても悲しかったですね。

才気あふれる、心優しい青年が、時代に呑まれ、戦闘機作りに夢を託し、最後は何もかも失って、山のように積まれた戦闘機の残骸の中に佇んでいるシーンがありますが、そのときの気持ちはどんなものだったでしょう。 それでも、生きていかなければならない、どうしょうもない悲哀を、夢に、希望に変えて生きていこうとする彼の姿は、やはり東日本大震災のことを思い描いて、宮崎監督が伝えたかったメッセージなのかもしれません。

幸福への努力と苦難との格闘が、六道輪廻となるのではあまりにも悲しい。 しかし、人類の歴史にはそのような悲しみが溢れています。 その悲しみを打ち砕いて、宿業を転換し、絶対的幸福境涯を確立するためには、人が妙法の尊極なる当体であるとする日蓮大聖人の信心が必要であります。 御本尊に唱題し、人々に成仏の種を植えていく以外に成仏の道はないのであります。
関連記事
Category : 人 生Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。