--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2011-07-24(Sun)
blog_import_523d56453bf11.jpg
(写真:SGIグラフ)


御本尊について何回かブログに書いてきましたが、ここで誤解のないように一言申し添えておきます。 わたしがおこなった二仏並座の解釈は南無妙法蓮華経があくまでも体であり、本であり、実相であることを前提に解釈していることをご理解願いたい。 多宝如来を御本尊と見るのは、われらの修行に約してのことで、多宝如来を信仰の対象とすると主張するものではありません。 誤解なきよう重々お願いいたします。
御本尊そのままが、久遠元初の無作三身如来の御生命であり、生死不二の理に従うならば、間違いなく日蓮大聖人の御生命なのであります。 私たちはこの御本尊を信仰の対象とし、南無妙法蓮華経と唱える以外に成仏の道は無いのです。 はからずも、そのことが生命の実相として、御本尊の中に示されていると指摘したかったのです。 日蓮大聖人が御本尊に唱題したのも、その意味を示さんが為なのです。
関連記事
Category : 御本尊Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。