--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2013-08-29(Thu)
a19a4a73.jpg
(写真:初代牧口会長 昭和17年冬 自宅)

聖教新聞には、毎日、感動の信仰体験が載っています。 病気、人間関係、性格、経済苦、仕事など様々な問題を克服した体験です。 世間では、宗教に限らず、同じ人の体験が何回も利用されることが多いのですが、創価の場合には違います。 毎日が新しい信仰体験しか載っていません。 

初代牧口会長の時代には、創価の座談会は 「 大善生活実験証明座談会 」 と銘打って行われていました。 それは、信仰体験による実証がなければ、正しい宗教とは言えない、との科学的態度から信仰体験が語り合われていたのです。 力のない宗教では、たまたまあったブラセボ効果を、何回も取り上げて、伝説化していくのがやっとですが、創価にはそんなことをする必要が、まったくないのです。 飯を食えば元気が出てくるように、創価の信仰をすれば、だれでも必ず幸せになるからです。

昔は、信仰したばかりの人が多く、顕益(奇跡的・即効的)の体験がよく紹介されていましたが、今は、時代の経過によって信仰実践が積み重ねられた結果、冥益(酵熟的・漸進的)の体験が紹介されることが多くなっています。 その中には、長年の信仰体験から培われてきた、真実の言葉が、読む者の心に響いてきます。

昨日の聖教新聞では、昭和38年(1963年)に入会し、東日本大地震の被災を乗り越え、ガンを克服したTさん(82歳)が 「 信心を根本にする生き方は、どんな所からでも絶対にはいあがるす。 その信念があれば、何があっても怖くない。 」 また 「 信心とは、願いがかなうとか、かなわないとか、そんな小さなことではないわけだ。 大変な時でも、題目をあげて立ち向かう覚悟があるかどうか、不撓不屈こそ、信心の醍醐味なのす。 」 と話していました。
そして、今日の聖教新聞では、昭和37年(1962年)に入会し、一家和楽の信心で、貧乏のどん底から抜け出したHさん(88歳)が 「 いまが、最高に幸せ。 どんな悩みに直面しても、必ず乗り越えられるのが信心。 題目を唱える人は、絶対にまけないですから! 」 と語っています。
関連記事
Category : 体験談Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。