--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2013-06-24(Mon)
f17ed7df.jpg


おとといの聖教新聞にSGI池田会長の指導で次のような内容が載っておりました。


* 戸田先生は語られた。

「 御本尊に題目をあげて、自分の境遇で、自分の立場で生ききっていけ! 」

たとえ絶体絶命に思える壁があっても、題目で立ち向かえば、必ず人間革命、そして宿命転換の突破口となる。 全部深い意味がある。 信心強き人こそが、幸福者であり、勝利者なのだ。


< 名誉会長と共に 今日も広布へ 25 > より



人には様々な境遇があります。
信心していても、境遇に押しつぶされそうな思いをしている人が、きっといるでしょう。

このとき、大事になってくるのは、その中で、信心を核にしていかに自分を磨いていけるのか、ということです。 題目をあげ抜いて、労苦に耐え、自身を磨き抜いていくところに、人間革命、宿命転換への道が開かれてくるのです。 逆にいえば、今の境遇は人間革命、宿命転換するために用意されたものであり、境涯を高めていくため、自身を輝かせていくために必要なものなのです。 

信心があれば、必ず乗り越えられます。

こんな素晴らしいことはありません。
関連記事
Category : 信 心Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。