--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2012-11-29(Thu)
blog_import_523db0da60d44.jpg


選挙の勢力地図がほぼ固まったようです。 主要政党の政策も揃ってきました。 そこで、 ” 原発ゼロ ” について考えてみたいと思います。

今、盛んに選挙の争点として報道されている ” 原発ゼロ ” は原発を総て無くすという意味ではありません。 相変わらず、あいまいな標語が氾濫しているようです。 2字しか違わないのに、なぜ ” 原発稼動ゼロ ” と言わないのでしょう。 なにか意図があるのでしょうか。 中には廃炉も含め ” 原発ゼロ ” と言っている政党や政治家もいるので混乱しかねません。 論点を明確にするためにも、 ” 原発稼動ゼロ ” と ” 原発廃炉 ” と立て分けをして、報道してほしいものです。

以前にも話しましたが、わたしは日本での原子力発電に反対です。 それは、放射性廃棄物(廃棄物)の処理や事故が起きたときの被害が甚大で、大きなリスクを抱えているためです。 廃棄物は必ず出ますし、事故はあると考えておかなければいけませんから、狭くて地震の多い日本での利用は、とても難しいエネルギーだと思っています。 使うのであれば、廃棄物を処理する施設と技術と場所を、しっかりと確保しておかなければいけませんし、事故が起きたときのことを考えて、少なくとも300km圏内に人が住んでいないことが必要ですから、日本ではこの条件をクリアすることはできません。 したがって ” 原発稼動ゼロ ” にするのは賛成ですし、 ” 原発廃炉 ” はなお賛成であります。

ところが、選挙では ” 原発ゼロ ” 、 ” 原発ゼロ ” というスローガンは聞こえてきますが、 ” 稼動ゼロ ” にせよ ” 廃炉 ” にせよ、それぞれについての具体的な方策やロードマップが示されないでいます。 これでは原発を推進するときに、廃棄物の処理と安全をあいまいにしてきたのとまったく同じ構図です。 どのようにして ” 稼動ゼロ ” 、 ” 廃炉 ” にしていくのかということが置き去りにされています。  ” 沖縄の基地を国外か他県にする ” と約束しても、どのように ” 沖縄の基地を国外か他県にする ” のかかが明確でなければ、それは夢物語でしかありません。 将棋をやるように、詰めていく策がなければ、とても政治とは言えません。 それがなければ ” 原発ゼロ ” という耳あたりのいい言葉で、有権者の票を狙っているとしか思えません。

とはいえ、この問題はとても難しい ” 現実 ” があります。 そのために、そう簡単に方策は見つからない、という事情があることも承知しています。 しかし、だからこそ、簡単に ” 原発ゼロ ” と約束する政党や政治家を、わたしは信用することはできません。 どの政党や政治家が、この問題を真剣に捉えて、現実を明確にして、国民に問いかけ、議論してロードマップを作ろうとしているのか、よく見ていく必要があります。
関連記事
Category : 社 会Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。