--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2012-09-11(Tue)
blog_import_523d9bfd02b8d.jpg


反創価の人は、池田先生が死んでいるかどうかとゆうことを、ことのほか話題にするのが好きなようです。 ” 死ぬのはおかしい ” とでもいいたげなほどの執拗さであります。 人間が齢をとり、死んでいくのは当たり前のことです。 動物も植物も地球も太陽も、この銀河でさえそうであります。 日蓮大聖人も亡くなられています。 牧口先生も戸田先生も亡くなられているのに、池田先生は別なのでしょうか。 変なことに執着している様子は滑稽であります。 他の宗教はともかく、仏教では人であろうと仏であろうと、死は必然の理(ことわり)です。

仏はその力で死なないはずだと考えて、死ぬのは力が無いからだという論理なのでしょうか、それは原始的な宗教観に基づいた考えです。 創価はそんな幼稚な考えは持っていません。

病気にしてもそうです。 仏教は生老病死を説いています。 死ぬときは病を経て死ぬとハッキリしています。 日蓮大聖人も胃腸炎を患った後に老衰で亡くなられました。 牧口先生は栄養失調と寒さ。 戸田先生は牢獄で痛めた肝臓・腎臓が弱って亡くなられています。 池田先生だって何らかの疾患を経て亡くなられるのは当たり前のことです。 信心していれば病気もしないし、死にもしないという論理がどこにあるとゆうのでしょう。 そんな論理は仏法にはありません。 あまりにも創価の信心を知らない空騒ぎといえるでしょう。 ” 自分勝手な宗教観で決め付けないでほしい ” と言いたいですね。

池田先生は、ほんとうに素晴しい師匠です。 厳父の如く、慈母のように、弟子を鍛え、そして慈しんでくれます。 人間性の手本となるような振舞いは、我らが修行の鏡なのです。 池田先生はいつか亡くなられるのはあたりまえです。 あたりまえでも、創価家族のわたしたちは、一日でも長く、生きていて欲しいと思うのです。 その思いは、自分の家族や親、友人を思う気持ちと、まったく同じです。
関連記事
Category : 反 証Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。