--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2012-08-28(Tue)
「 不軽菩薩  」 という菩薩をご存知でしょうか。 この菩薩は法華経に説かれた菩薩です。 創価の方なら誰もが知る菩薩です。

どのような菩薩かといいますと、すべての人には仏性があると信じて、「 24文字の法華経を 」 を唱えながら、出会う、すべての人々を敬い、礼拝し続けた菩薩です。 ところが、これを見た人々は、 ” 凡夫が仏になれるわけがない ” と考えているために、不軽菩薩を批判し、悪口罵詈したのです。 それだけでなく、杖で打ち、瓦や石を投げて迫害しました。 しかし、不軽菩薩はけっしてくじけませんでした。 「 24文字の法華経 」 を唱えながら、出会う、すべての人々を敬い、礼拝し続けるのでした。 やがて、この功徳で六根清浄となって、仏になったと法華経には説かれています。

この菩薩は過去世の釈迦の姿です。

日蓮大聖人は 『 一代の肝心は法華経・法華経の修行は不軽品にて候なり、不軽菩薩の人を敬いしは・いかなる事ぞ・教主釈尊の出世の本懐は人の振舞いにて候けるぞ 』 と仰って、我らの修行は不軽菩薩の姿にあると教えてくださいました。 この不軽菩薩の姿は、まさに創価の人々の姿と重なります。 ” この信心をすれば、必ず幸せになれます。 一緒に幸せになりましょう。 ” と語りかけますが、 相手は ” そんなことは信じられない ” というように反発し、批判し、悪口罵詈します。 しかし、創価の人々はくじけません。 信心の素晴しさ、正しさを語り続けてきました。 そして、やがて人間革命し、人間としての真の幸福を知り、掴んできました。 まさに不軽菩薩のようであります。 経文に書かれている通りではありませんか。 難があるから本物なのです。 それが鍛えであり、罪障消滅であることは間違いありません。

冷静にみれば、創価を非難する人の振舞いほど卑しい姿はありません。 創価の人が不幸になることを願い、悲しむことを喜んでいるではありませんか。 馬鹿にして、蔑んでいるのが手に取るように判ります。 六根清浄ではなく、その反対の六根汚濁の姿です。 このことだけ捉えても、 ” 地獄の罪報を受ける ” と釈迦が法華経で説いていることが、真実だと判ります。
関連記事
Category : 仏 教Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。