--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2011-07-06(Wed)
blog_import_523d5244f241e.jpg
(写真:SGIグラフ)


わたしの好きな学生歌の一つが創価大学の学生歌です。

実は、わたしは今から40年前、1971年の一期生の募集に経済学部で受験をしています。 詳しいことは忘れましたが、学科と面接の同日試験だったと思います。 実に無謀な挑戦でした。 当時、工業高校を卒業し大手の設計コンサルタント事務所に就職していて、高速道路や橋の設計をしていましたから、まったくの畑違いです。 それでも、池田先生の作られた大学に行きたいとの思いから会社にも家族にも内緒で受験したのです。 やはり合格は叶わなかったのですが、歴史の中に居たんだという興奮というか懐かしさが今は残っています。 その後この学生歌を聞いたとき、当時のことを思いだし、武蔵野の森の風景と理想に燃える青春の息吹を感じて、すっかり気に入ってしまいました。


・ 創価大学学生歌
作詞 沖 洋
作曲 川上 慎一

紅群れ咲く つつじの丘を
白蝶あそこに 喜び舞いて
葉桜薫れる キャンパス広く
集える若人 緑のしげり
青嵐はげしく 天空吹いて
凛々しくそびゆる 白亜の学舎
筆とる心に 秘めたる思い
誰がために 人間の道学ぶかな

桑の実みのれる 城跡ゆけば
栄枯の夢に たそがれこめぬ
父母想いて はるかを見れば
点々ともれる 灯淡き
あおげば金星 妙なる光
燃えなんわが胸 正義の心
降りゆくとばりは 土塁をつつむ
誰がために 平和の要塞築きたる

むらさきただよう 武蔵の空に
沈黙を破りて 朝日は昇りゆく
学徒の姿に 自覚て立てば
青山洋々 かなたに富士が
雄々しき理想 馳せたる君に
不二の峯真白く 染まりて嵩し
栄えある路征く 己に問うは
誰がために 生命の真求むかな
関連記事
Category : 創 価Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。