--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2012-08-02(Thu)
blog_import_523d930635220.jpg
(写真:SGIグラフ)

今月は池田先生の入信記念日です。 まことにおめでとうございます。

この、 ” おめでとうございます ” は、池田先生にとってという意味と、偉大な師匠を戴けた、わたしたちにとっての ” おめでとうございます ” という二つの意味があります。 常与師倶生の誉れに感謝が尽きません。 ” おめでとうございます ” というより ” ありがとうございます ” というべきかもしれません。

わたしは、昭和35年8月3日が入信の日で、明日がその記念日となります。 この月と日にちは、実は正確ではありません。 入信当時、わたしが幼かったのと、居合わせた流れのなかで、ついでのように御受戒を受けたために、だれも気にも留めず、時間の経過のなかで記憶が薄れ、記録も無くなってしまったためです。 昭和35年の夏であることは確かなのですが、兄が8月だったというので、自分でこの日にきめました。 入信の動機もなく、必要も不必要も思うことのない入信でした。 池田先生のような出会いと、物語があればうれしかったのですが、気がついたら ” 入信していたんだ ” と後から判るような状態でした。 しかし、このような出来事が、不思議なことといえば、いえるのかもしれません。

今のわたしは、仕事にも生活にも恵まれています。 若き日のわたしとは、まるで違います。 悲しく、辛く、苦しかった日々を振り返ると、以前と今では雲泥の差があります。 それほどに、創価の信心には力があるのです。 それを実感します。 人生でなにが価値あることなのかも解りました。 僅かではありますが仏の智慧も戴きました。 残る望みは、広宣流布に生ききる自分でありたい。 生ききる智慧と勇気と慈悲を身につけたい。 それだけであります。

明日は、静かに御本尊の前に端坐して、感謝の唱題をいたしたいと思います。
関連記事
Category : 記念日Comment : (2) |

No title * by Tassy
なぜかとても心が温かくなりました。ありがとうございました。 

No title * by yuyakeci
Tassy さん コメントありがとうございます。

コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。