--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2012-07-21(Sat)
blog_import_523d922bccf8e.jpg


実は、わたしは、仕事を続けています。 本格的に広宣流布に身を尽くしたいと、動き始めたら、仕事に駆り出されてしまいました。 これは ” 魔 ” でしょうか?  仕事の内容も気に入っていますし、待遇も文句のつけようがありません。 ” 魔 ” はいろいろな形で忍び寄るものだと感じます。 これも、かつて仕事を中心に過ごして、広宣流布の活動を二の次にしてしまったことの、乗越えなければいけなかった課題を、今また、突きつけられているのかもしれません。

仕事に戻り、廻りを眺めたとき、仕事に誇りと名誉をかけて頑張る姿には、まぶしさを感じました。 みんな偉いな、とも思いました。 しかし、何に誇りと名誉をかけて頑張るのか、わたしには、その価値の絶対値が、以前より遥かに明確に見て取れるようになっていたのです。 それは、社会(人々)のなかで、社会(人々)と共に、広宣流布に生きてゆくという価値の絶対値です。 日蓮大聖人の御書にもあるように、人はいろいろなことに身を賭して死んでゆきます。 同じ死なら、仏法を持って、社会(人々)のために生きて、死んでゆくことを選びたいとゆうことです。

今回、わたしは仕事をしながらも、広宣流布の活動もして、このブログも更新して、やるべきことをやろうと決意しました。 完璧にこなすことは難しいでしょうが、努力は総てに注いでいこうと思います。 そう決意し、動き始めたら、わたしの脳と体がフル回転し始めました。 力が湧いてきました。 ” 魔 ”と云うのは、宿命転換のキューピットなのかもしれません。
関連記事
Category : 信 心Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。