--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2012-07-06(Fri)
blog_import_523d902955ce8.jpg
(写真:YouTube 石狩市@緑広がる墓地公園


久しぶりなので、井戸端的な感じで書かせていただきます。

最近の新・人間革命に厚田墓園(戸田記念墓地公園)の初代所長となった伊藤(仮名)さんのことが紹介されておりましたが、わたしは、若き日に開設まもない厚田墓園を訪れた際、この方にお会いしています。 この章を読んで、この方に園内を案内していただきながら、芝生に座って何人かで懇談したときのことを思い出しました。
当時、わたしから見ればだいぶ年配でしたが、物腰がやわらかく、丁寧に応対をしてくださって、微笑むような眼差しが、とても印象的であったことを覚えています。 園内を見てから、休憩のために広場の芝生の上に座って皆で懇談していたとき、信心の話をしていたわけではないのですが、わたしの斜め前に座っていた所長が、優しく見つめながら、わたしの膝の上に手を置いて、何度か軽く叩いて、 ” よく来たね ” ” 大丈夫、池田先生のもとで、この信心を貫いてゆけば間違いないよ ” と言って微笑んでくれたことが思い出されます。 当時のわたしは、仕事に追われて痩せて白い顔をしていましたから、思わず励ましたくなったのでしょうか。 それとも、若き青年を見てどうしても伝えておきたかったのでしょうか。 信心の年輪を重ねて、風雪を乗り越えてきた奥深かさと、春を迎えたような福徳に満ちた境涯を感じさせる方でした。

ほんとうに一期一会の出会いでありました。 もう亡くなられているでしょうが、わたしは、同じような年齢になったときに、はたしてあのような境涯と人格を持ちえることができるでしょうか。 信心は地道な積み重ねと、試練を乗り越える歴史を刻んでいくことが、とても大事なのだと、今更ながらに思います。
関連記事
Category : 日 記Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。