--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2012-04-08(Sun)
今日、創価大学に行って、「 法華経――平和と共生のメッセージ 」 展を観てきました。

blog_import_523d8c1107ffa.jpg

展示で特に興味深かったのは、ガンジーと法華経の繋がりを示したパネルでした。 ガンジーはサンスクリット語の法華経を手に入れてよく読んでいたようで、それと同じ本が展示されていました。 パネルにはガンジーと日蓮大聖人の繋がりも示されており、ぜひ一見をお勧めいたします。 また、日蓮大聖人が手元に持っていた注・法華経(妙法華寺所蔵)の複写が展示されおり、そこには大聖人直筆の書込みが多数あり、研鑽の様子が伝わってくるようで、いまそこで大聖人が書込んでおられる姿をまのあたりにしているような思いにかられました。
そのほか、法華経の歴史や研究成果などわかりやすくパネルで紹介されていますので、時間をかけてゆっくりと御覧になると良いと思います。 わたしは、昼食を挟んで午前と午後の2回に分けて観ました。

blog_import_523d8c2234c0b.jpg

東京では桜が満開でしたが、八王子の創価大学ではまだ3分から5分という状態でした。 たぶん今週の中頃には満開となり、週末は散りはじめるのではないでしょうか。 建学の碑のある枝垂桜は満開でした。 周桜はまだ2分咲きでしたから、週末が見頃かもしれません。

blog_import_523d8c43b53a4.jpg

blog_import_523d8c5526fc2.jpg

お昼を創価大学内の食堂で済ませ、その後、周桜の見学に行ったのですが、途中、文学の池付近で、日中国交40周年を記念した第33回周桜観桜会のオープニングセレモニーが行われようとしているところに出会い、驚きとともに ” ラッキー ” と思いながら参加させていただきました。 (^^
中国の関係者や来賓も来られていて、中日学生の開会宣言から始まり、学長挨拶、中国大使館関係者の祝辞、周首相の親族(姪)の挨拶がおこなわれてゆき、学生の歌や琴演奏や舞などもあり、例年になく盛大に行われた様子で、池田先生が蠟穎超女史に贈られた詩から歌詞をもらい曲をつけた「 桜花縁 」 を参加者全員で歌うなどして、春の日差しの中、気持ちの良い爽やかな風に包まれて、中日友好の調べを楽しませていただきました。 
どのような状況であろうとも、池田先生と周恩来首相が築いた、中日の信義と友好の金の橋を、互いに守りあい、大事にしていくことの大切さを実感させていただいた一日でした。

blog_import_523d8c76a30af.jpg

参加者全員で日本語と中国語で歌った「 桜花縁 」 。 このとき初めて歌いましたが、美しい旋律とやさしい音色に感動でした。

・ 桜花縁
                   作詞:山本伸一
                   作曲:福島新一

イントロ      その名 「 周夫婦桜 」
          敬愛の思いあつく
          日中の若者が万代の平和を願い
          植えしものなり
          麗日 桜花を眺めば
          懐かしき思いで重なりて
          胸中に千花の彩りあり

歌  詞     (ラララララ・・・・・・)
          時は去り 時は巡り
          現(うつ)し世に 移ろいあれど
          縁の桜は 輝き増して
          友好の 万代なるを 語り継げり
          我も称えん
          心の庭に 友誼の桜は 永遠なりと
関連記事
Category : 日 記Comment : (2) |

No title * by 河越武蔵守頼重
私も、来月行って来ます。
牙城会の碑も見て来ようと思います。

No title * by 夕焼け
頼重さま、おはようございます。

来月、新緑がきれいでしょうね。
時間をかけて、ゆっくりとお過ごしください。

オープンキャンパスまで観ると時間が足りないかもしれませんよ。 (^^
いずれにせよ、きっと楽しく有意義な一日になるでしょう。

コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。