--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2012-03-07(Wed)
blog_import_523d822c9663c.jpg
(写真:SGIグラフ)


今日、聖教新聞に連載中の小説、新・人間革命 ― 薫風33 ― に次の言葉がありました。


* 広宣流布とは、互いの幸せを願う民衆の連帯の広がりである。


創価は幸せを願う民衆の集まりです。 しかもその幸せは、他の人の幸せを願い、その苦難を共に受け止め、励ましあいながら築いていくところに、最大の特徴があります。 日蓮大聖人の御書に 「 人のために火をともせば・我がまえ明らかなるがごとし 」 とありますが、 ” 互いの幸せを願う民衆の連帯 ” に社会の真の平和と幸せを築いていく原点がある、というのが創価の精神であります。 
その反対に、戦争は、互いに憎しみ合い、害することばかり考えている人の連帯といえるでしょう。 あるいは、人の不幸の上に自分たちだけの幸せを追求する姿ともいえます。 これはなにも戦争だけではなく、 ” 互いの幸せを願う ” ことを忘れた社会にも言えることです。 人の幸せのために悩み、汗を流し、言葉を尽くして語ることが、自分の幸せにつながるという創価の精神が、地域の、社会の隅々まで浸透していってほしいと、願わずにはいられません。
関連記事
Category : 創 価Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。