--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2012-02-15(Wed)
blog_import_523d7ff3e2d4c.jpg


今日、喫茶店で聖教新聞を読んでいたら、地涌の菩薩について、ふと考え始めていました。

みなさんもご存知のように、地涌の菩薩は釈迦から妙法蓮華経の付属を受け、末法での広宣流布を許された四菩薩を頭領とした無数の菩薩群です。 地涌の菩薩は地より舞いながら出てきたと法華経には書かれています。 その前には、地より宝塔の出現があり、三変土田があり、十方の諸仏の来集があり、多宝と釈迦の並座があり、多宝と十方諸仏の証明があり、皆成仏道が示され、久遠実成が明かされます。 地より舞いながら出てきたというと? そう、宗教では一般的に地の中は地獄をさします。 その地獄から舞ながら地上に現れたというのでしょうか?
仏教以外では、神は天にいます。 天使は天から降りてきて、人間に神の言葉を伝えたり、人間を助けます。 羽根があるのもその為です。  デーモンは天使が堕ちて悪魔(サタン)の手先となったのでやはり羽根があります。 天に神、地上に人間、地下に悪魔という図式が一般的です。 つまり、神の国(天国)と人間の国(地上)と悪魔の国(地獄)という世界観になっているのです。 菩薩が地より出てくるなど、仏教だけの表現ではないだろうか。 というより、法華経だけだと思う。

地涌の菩薩は地獄で布教していたのだろうか? 地涌の菩薩は世間で賤しいとされる人、苦労してみすぼらしい姿の人、悩みに苦しんでいる人、そのような人たちの中から現れるということなのだろうか? そういえば、創価の草創の人たちは、ほとんどそのような人たちだった。 信心の実証で、福徳と歓喜の姿となっていく姿は、舞うようにして現れるという表現にピッタリだ。 創価のシンボルマークが八葉蓮華とするのも、なるほどな、と思った。

地涌の菩薩は地獄に住所があるんだ。 本籍地はどこだろう?
と、最後につまらないことを考えていたら携帯が鳴って、友人と会うため、
喫茶店を後にしました。
関連記事
Category : 日 記Comment : (2) |

No title * by カイ
>創価の草創の人たちは、ほとんどそのような人たちだった。 信心の実証で、福徳と歓喜の姿となっていく姿は、舞うようにして現れるという表現にピッタリだ。


本当にそうですね。

すごい教学上の真実の発見だったりして!
喫茶店での悟達(^_^)?

そう言えば、西洋文学では、屋根裏は死の、地下室は生のイメージをもつ話を以前講義で聴きました。

No title * by 夕焼け
カイさん、おはようございます。
お元気ですか。(^^

そうですか、地下が生のイメージですか。
大地の恵みが生きる糧であったこと、あるいは、地下室がその貯蔵庫であったこと、収穫した後の藁を納屋の屋根裏に保存したことが、そのようなイメージにつながったのでしょうか。 興味深いですね。

コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。