--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2012-02-02(Thu)
blog_import_523d711e2f49a.jpg

SGI池田会長は折々の会合で御書をひもとき、次のように語られております。


【 本文 】 十如是事 (P411) 
『 秋のいねには早と中と晩との三のいね有れども一年が内に収むるが如く、此れも上中下の差別ある人なれども同じく一生の内に諸仏如来と一体不二に思い合せてあるべき事なり。 

【 通解 】 
『 秋の稲には、早稲と中手と晩稲と、実りの時期が異なる三種の稲があっても、いずれも一年のうちに収穫できる。 それと同じように、この仏法においても、衆生の機根に上・中・下の違いがあっても、皆、平等にこの一生のうちに、諸仏如来と一体不二の仏となることができると思い合わせていくべきである 』

【 指導 】
* どんな人でも、皆、平等に一生のうちに最高の幸福境涯を開いていける ―― これが、日蓮大聖人の大仏法である。 一生のうちには、喜びの日もあれば、悩みの日もある。 天候だって、一年中、快晴というわけにはいかない。 しかし 「 煩悩即菩提 」 の信心によって、一切を成仏、すなわち絶対的な幸福境涯への糧にしていくことができる。 今世の信心の勝利は、即、三世永遠の勝利に通じていく。 ゆえに信心だけは貫ききっていくことである。 作物も、育てきってこそ、すべての労苦が生きてくる。

< 御書とその心 >より


信心を貫き徹すならば、一生の内に成仏できるとの日蓮大聖人のお約束であります。 一生成仏するならば、生々世々、自在に、桜梅桃李の使命にふさわしい所、ふさわしい姿で生まれてきて、崩れない幸福境涯を示しながら、常楽我浄を奏で、福徳に溢れ、所願満足の人生を、生まれるたびに続けることができるのです。 今世で、仏道修行に励むことの重要性がここにあります。 生命は峻厳です。 死しても、宇宙に遍満する仏の生命と不二の状態になって、歓喜のうちに包まれていくか。 地獄の生命と不二の状態になって、間断ない苦しみに捕まるか、一生の内で掴んだ境涯・業が生死を貫いていくのです。
関連記事
Category : 御 書Comment : (2) |

No title * by さば
夕焼けさん

BLOGの運営、いつもお疲れ様です!

創価系ブロガーに捧げたい「敵の攻撃に負けない為の5つのコツ」
と銘打って、駄文をつづってみました。

もしおひまがあれば、ご一読頂ければ幸いです。

ご多幸、ご成功を心より祈っております!

http://supersaba.exblog.jp/17732965/

No title * by 夕焼け
さばさん、おはようございます。

五つ目のコツ。
わたしは、「 ムダな戦い(論争)はしない 」でしょうか。
初期のネットの世界を経験して、
価値的な時間や効果を考えて行動することにしました。
もう、寿命も短いですから。(笑)

コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。