--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2011-11-03(Thu)
blog_import_523d6ed82901a.jpg
(写真:Wikipedia PD Raffaello Santi)


池田先生はよく会合で、日蓮大聖人の言葉と同時に人類の英知ともいえる、世界の碩学や哲人の言葉を引用され、その生き方や信念を通して信心の指導をされています。 これは、仏法を世間に展開するためなのですが、一方で、各国の文化や伝統を活かしながら世界広布を進めていくための楔を打っているのだと、わたしは思っています。  ご自身で 「 戸田大学の卒業生 」 と言われているように、若き日に多くの哲学・思想を学んできたことを礎として、みごとに仏法を現代に展開されています。 各国大学での講演、国際機関への提言、政治家・文化人・科学者・医学者との対談の結実は、その証左であります。  日蓮大聖人は、 「 法華経はしか(然)らず・やがて世間の法が仏法の全体と釈せられて候 」 と仰り、世間の様々な理(ことわり)が、いずれ仏法そのものであることを、理解するときが来ると示唆されております。 これを別な視点で見れば、世間の様々な理(ことわり)の中に仏法が内包されているということです。 諸法実相ですから当然のことですよね。

何故こんなことを言うのかと申しますと、今日読んだ一般紙の、あるコラムの中で、ソクラテスの言葉を目にして仏法と同じだなと感じたからです。 
それは、ソクラテスの主著 「 国家 」 の中で語られた対話形式の一部分の内容で、ソクラテスは 「 不正の人を害し、正しい人の利益となるのが正義だね? 」 と論敵の主張を確認したあとに、 「 たとえ敵であろうと誰であろうと、人を害するのは正しい人ではなく、その反対の不正の人がすることだ 」 と証明し、論敵を沈黙させるくだりです。  ネットで徘徊するアンチに聞かせてやりたい内容で、  「 不正の人を害する 」 のが正義だとばかりに、笑いものにし、バカにし、蔑み、罵倒するのが、たいがいのアンチです。 相手がどうなろうと構わないという心です。 とても醜い姿です。 正義などありません。 ソクラテスの言うとおりです。 
このソクラテスの言葉は、人の仏性を認め、その人に礼拝していく不軽菩薩の精神と同じもので、正義の行動というものが、どういうことなのかを再認識させてくれるものです。
関連記事
Category : 創 価Comment : (0) |
コメント





 非公開:管理者にだけ表示を許可


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。