--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2015-01-30(Fri)
先週紹介した映画のテーマ曲は、イタリアのクラッシク音楽家ニーノ・ロータさんの作品ですが、この方は映画音楽の分野で才能を発揮し、名作を残しております。 

今日はアンドレ・リュウさんによる演奏でお聞きください。

よい週末をお過ごしください。 (^^

・ ゴッドファーザー 愛のテーマ


( André Rieu 公式チャンネル )
スポンサーサイト
Category : 音 楽 Comment : (4) |

管理人のみ閲覧できます * by -

* by 夕焼け.
No.344さん、御返事ありがとうございます。
了解しました。

管理人のみ閲覧できます * by -

* by 夕焼け.
No346さん
信心していることで、何かにつけて非難が多いというのは、その信心が本物だということです。 御書に書かれてあるとおりです。
喜びこそすれ、思い悩むことなど何ひとつないですよ。  (^^

2015-01-29(Thu)
blog_import_523d711e2f49a.jpg

SGI池田会長は折々の会合で御書を繙き、次のように語られています。


【 本文 】 経王殿御返事 (P1124) 
『 経王御前には・わざはひも転じて幸となるべし、あひかまへて御信心を出し此の御本尊に祈念せしめ給へ、何事か成就せざるべき 』

【 通解 】 
『 経王御前には、禍も転じて、幸いとなるだろう。 心してご信心を奮い起こし、この御本尊に祈念しなさい。 いかなる事も成就しないわけがない 』

【 指導 】
* 大事なことは、「 まず祈る 」ことである。 祈った瞬間から回転が始まる。 闇が深ければ深いほど、暁は近い。 祈りきった瞬間から、胸中に太陽が昇る。 祈りこそが、希望の太陽である。 悩みを感じるごとに、祈り、打開し、境涯を開いていく。 これが日蓮仏法の「 煩悩即菩提 」の軌道である。
いわんや、リーダーとして、友のために悩む、広布のために悩む、人を救うために悩む ― それ自体が、偉大な責任感の表れであり、菩薩の振舞いである。 地涌の菩薩に打ち勝てない苦難など、あるわけがない。 ゆえに、何があろうと、高らかに妙法を唱えながら、一歩、また一歩と勝ち抜ていただきたい。 

< 御書とその心 >より


なにをおいても、御本尊の前に座り祈ることである。

久遠の記別を受けたその瞬間を忘れてはならない。 本有の使命があればこそ悩むのだから、悩みぬいて、祈りぬいて、行動するのだ。 その地平には、太陽が登り、元初の光が燦々と降りそそいで、何もかも包み込んでゆく。
Category : 御 書 Comment : (0) |
2015-01-27(Tue)
初代の牧口先生は、神国日本というナショナリズムと軍部の天皇ファシズムによって、時代が戦争へと流れているときに、「 世界市民主義 」と叫ばれ。 第二代の戸田先生は、原水爆の脅威が増す中、東西冷戦とその代理戦争に心を痛め、「 地球民族主義 」を叫ばれた。
第三代の池田先生は、エゴイズムと分断と暴力が増す世界に、楔を入れるため、両師の意志を受け継いで、会長就任後の1960年、世界へと旅立ち、祈るような気持ちで妙法の種を一つ一つ植えてきました。 そして、その間には、世界の知性ともいえる賢人との対話を重ね、世界の指導者との交流を深め、時代を知り未来を語り、ときには時代の流れを作って、平和への道を模索し行動をおこしてきました。
やがて、世界に蒔いた一粒種はSGI池田会長の励ましにより、一つまた一つと芽を吹きはじめ、庶民の平和への連帯として拡がってゆき、1975年1月26日、世界51か国の参加を得て第1回「 世界平和会議 」が開催されるにいたります。 そしてその40年後、さらにその潮流は世界192か国へと水嵩を増してゆき、世界広宣流布という新時代の幕開けを迎えました。

昨日の「 SGIの日 」には、SGI池田会長が、世界に向けて40回目の記念提言を行いました。

いつも、このときに想いを馳せるのは、日蓮大聖人の「 立正安国論 」であり、冒頭の『 旅客来りて嘆いて曰く近年より近日に至るまで天変地夭・飢饉疫癘・遍く天下に満ち広く地上に迸る牛馬巷に斃れ骸骨路に充てり死を招くの輩既に大半に超え悲まざるの族敢て一人も無し、 』であります。  世界ではテロの脅威が前にも増して広がっており、紛争の陰で子供や女性を中心とした市民の悲惨な状況が生まれています。 この40回という膨大な提言は、「 立正安国論 」を書かれた日蓮大聖人の、深い慈悲と厳愛の心を心としながら、” この地球上から悲惨の二字をなくしたい ”という恩師のあふれ出る思いに突き動かされ、語られてきたものにちがいありません。
Category : 記念日 Comment : (2) |

* by lionking takahiro
 時宜を得たブログ 肩肘つかず読めました。
「142ヶ国 ?192ヶ国…」

どうゆう訳か( 夕焼け )さんの 感性を自分は好きなのです。
  乞う! 益々の 御健筆=ブログを! 休まれながらで 結構ですので どうか お願い致します。
                  草々

* by 夕焼け.
lionking takahiroさん おはようございます。

訂正しておきました。
ありがとうございます。 m(_ _)m 

そぉ言っていただくとありがたいです。
肩肘張らず書いていきます。 (^^)       

2015-01-23(Fri)
今日はサラ・オレインさんの歌を聞いてください。
皆さんも御存じの映画「 Romeo and Juliet 」のテーマ曲です。

彼女は、日本でCMやゲームサウンドのボーカルとして活躍していますが、その美しい声は、とても魅力的であります。

よい週末をお過ごしください。 (^^

・ A Time For Us


( UNIVERSAL MUSIC JAPAN 公式チャンネル )
Category : 音 楽 Comment : (2) |

* by ちよ
私の時代はオリビアハッセーでした
今でも この曲なのでしょうか?

* by 夕焼け.
ちよさん こんばんわ。

わたしもその時代しか知りません。
その後、映画はリメイクされているようですが、
この曲が使われているのかどうか。

どうも、悲恋映画は苦手で、(^^;

2015-01-22(Thu)
一般的に、ナリスマシというと、本人でもないのに本人と偽って振舞うことを言いいますが、ネットの世界では本人というだけでなく様々なナリスマシが存在します。
もともと匿名性があるため、ブログや掲示板やSNSでは、はびこりやすいといえます。 このナリスマシは、善意より悪意のほうが圧倒的に多く、ほとんどで、本人あるいはその属するコミュニティを毀損するためにおこなわれます。  よって、ナリスマシにはろくな人間はいません。 だいたいナリスマシの言うことなど信用するほうもするほうなのですが、案外見分けるのが難しいこともあり信用してしまうようであります。

創価もナリスマシによく狙われますが、ついこの間も、箱根駅伝での○○おばさんなる人のツイートが話題となっていました。
ナリスマシには様々なタイプがあり、ヒンシュクを買うような言辞を垂れ流す者や、内部告発を装う者、作り話をでっちあげる者、嘆いて愚痴る者、リベラルを気取りながら結局はなじる者、・・・等々、本人やその属するコミュニティの人がそれをナリスマシだと気付く場合でも、それ以外の人には案外判りづらく、イメージを損なうには充分な効果を発揮します。 いずれにせよ、創価になりすます日顕宗の檀徒は、タチが悪く、そのモラルの低さには辟易します。

一方で、ナリスマシではないのに、そう受け止められてしまう人もいます。
ネットでは、文字だけのやりとりとなり、互いの顔も見えず、言葉のイントネーションも伝わりにくいために、良くも悪くも誤解を生んでしまうのだと思います。 発信する側の文章の表現力により、受取り側が言葉を弱めたり、あるいは強めて受取る場合もあって、思わぬ嫌疑が降りかかるともかぎりません。 そうならないためには、ソーシャルネットでは、後向きな発言や内輪話しは注意深く言葉を選んで行ったほうがよいと思います。  たとえば、人通りの多い所で、バスを待つ娘に拡声器で「 ナプキン忘れたわよ 」と呼びかけるようなことは止めたほうがいいに決まっています。

ところで、この話は、創価には、いい人ばかりが居るという前提での話でありまして、創価の中にもおかしいのや、我の強いのや、性格の悪いのや、うさんくさいのも間々居ますから、ナリスマシでなくてもナリスマシと思ってしまうかもしれません。 (^^
ネット上でなく、信心する気もないのに入信してくるナリスマシもいますから、やっかいであります。
Category : 社 会 Comment : (1) |

管理人のみ閲覧できます * by -

2015-01-21(Wed)
blog_import_523d711e2f49a.jpg

SGI池田会長は折々の会合で御書を繙き、次のように語られています。


【 本文 】 最蓮房御返事 (P1343) 
『 我等が弟子檀那とならん人は一歩を行かずして天竺の霊山を見・本有の寂光土へ昼夜に往復し給ふ事うれしとも申す計り無し 』

【 通解 】 
『 日蓮の出家・在家の門下となる人は、一歩も動くことなく、法華経の会座がもたれたインドの霊鷲山に行き、宇宙に元々ある仏の世界へ、毎日、昼夜に往復されることは、うれしいともなんとも言い尽くせない 』

【 指導 】
* 日蓮大聖人は、勤行・唱題によって、私どもは、毎日、いながらにして、大宇宙を旅行するような大境涯を得るという意味のことを、教えてくださっている。
御本尊を拝すれば、わが小宇宙の扉は、その場、その時に、大宇宙へと全開し、全宇宙を見おろすような悠々たる大幸福感を味わうことができる。 大充実感と、大歓喜、一切を掌に収めたような大確信を実感することができる。 宇宙に包まれていた小宇宙が、宇宙を包み返していく。

< 御書とその心 >より


わたし達が御本尊に勤行・唱題するときの姿が、御本尊には示されています。 御本尊には、二仏並座した釈迦と多宝の間に南無とあり、妙法蓮華経と続いております。
勤行・唱題するとき、そこが、本有の寂光土となり、虚空会の儀式そのままになっていく、ということであります。
Category : 御 書 Comment : (0) |
2015-01-20(Tue)
いまだに暴力の連鎖が止まりません。
今日、「 イスラム国 」が日本人の生命と引き換えに身代金を要求してきました。 卑劣な行為であり断じて容認できません。 

ガンジーは非暴力の闘争に身を捧げ、最後は暴力によって命を奪われてしまいましたが、はたして、それを暴力が勝ち、非暴力が負けたと見るべきでしょか。 確かに身は破壊されてしまいましたが、その精神は破壊されてはおりません。 暴力の連鎖の中で、ガンジーの偉大な闘争は、未だに人類の希望となり、時代を越えて平和への求道者を鼓舞し続けております。

ガンジーの非暴力の闘争には、対となる闘争があります。 それは非服従という闘争であります。 非暴力は非服従と連動しており、どちらかが欠けてもこの闘争は機能しません。 非服従は、身においてもありますが、より心と精神にあります。
日蓮大聖人も、謀略と讒言で権力者に首を切られようとし、厳寒の島に遠流されようとも、『 王地に生れたれば身をば随えられたてまつるやうなりとも心をば随えられたてまつるべからず 』と仰り、非暴力非服従に徹されておりました。
暴力と服従の鎖には、徹底した非暴力と非服従しか、人間を真の自由へと解き放してはくれません。 その強靭な心と精神を一人一人が確立していくことが創価の人間革命の運動であり、それを世界に広げていくことが世界広宣流布の戦いといえます。 地道な一歩一歩ではありますが、確かな一歩一歩を真剣に勇気と忍耐を持って歩んでゆきたいと思います。



( SOKAnetムービー 世界が語る”SOKA" )
Category : SGI Comment : (0) |
2015-01-16(Fri)
今日は、サックスの演奏で紹介した中島美嘉さんの歌を紹介いたします。

冬はこれからで、春はまだまだ遠くですが、
寒さが厳しくなればなるほど、春はすぐそこに来ています。

よい週末をお過ごしください。 (^^

・ 雪の華


(中島美嘉 公式チャンネル)


・ 桜色舞うころ


(中島美嘉 公式チャンネル)
Category : 音 楽 Comment : (0) |
2015-01-15(Thu)
日蓮大聖人の直筆の御本尊は、とてもすばらしい御本尊でありますが、わたし達の戴いている御形木御本尊も、同じ御本尊であることに変わりはありません。 人は様々でありますが、人間であることに変わりがないのと同じであります。
すべて御本尊は繋がっているのです。 なぜなら、御本尊は日蓮大聖人の自作ではなく、宇宙に本然として存在する色心不二の生命の様態を書写したものだからです。 『 一念三千の法門をふりすすぎ、たてたるは大曼陀羅なり 』というのはこのことであり、御本尊はあくまでも御本尊なのです。 それ故に御本尊は文字であり、文字のことごとくが妙法蓮華経に照らされた仏なのであります。 

御形木御本尊を” ニセ本尊 ”などというニセ信者は夢にも知らないことです。 御本尊を粗末にすれば、罪業を深く積むことになります。 知らないとはいえ、御形木御本尊を軽んじれば、無数劫が間、仏に縁することはなく、粗末にすれば、無数劫が間、地獄の苦の中に生じることとなります。
Category : 御本尊 Comment : (0) |
2015-01-14(Wed)
世界広宣流布が進めば、大石寺貫首が御本尊を一人一人書写することは不可能であります。 たとえば、1億人書くのに10分で一体書写したとして、寝ずに24時間書き続けても1900年ほどかかります。 古くから行われてきている御形木御本尊の必然性がここにあります。 御形木と呼ばれる御本尊は、どんな御本尊で、いつごろから出てきたのでしょう。
 
古くは鎌倉時代までさかのぼり、日蓮大聖人の書かれた御本尊を、版木に写して印刷し、信心の無いものにまで渡している、という噂を日興上人が聞きつけて大変嘆かれた、という記録があります。 また、江戸時代に信心未熟な入信したばかりの信徒に、版木から制作した大石寺貫首の御形木御本尊を下附していたという話があります。 それは仮の御本尊ということで下附をして、信心堅固となった時点で常住御本尊(大石寺貫首の直筆)と交換していたようです。 当時の版木から採った御本尊は字影が荒く紙質も劣っており、仮の御本尊とみなされても仕方がないような御本尊でありました。
現在のような精細な御形木御本尊は、戦後の、創価学会が折伏を進めるようになってからで、信心をする人が急激に増えたため、大石寺貫首が書写して渡すことが困難なことから、新入信者には写真製版で印刷したものを下附し、信心が深まれば特別御形木御本尊や功績によって常住御本尊を下附するようになりました。 当初は各寺院ごとに、その寺院有縁の大石寺貫首の御本尊を御形木にして、各寺院の判断で信徒に下附するのが、当たり前のように行われていたため、創価の草創期には日寛上人の御形木御本尊を戴くこともありました。 ですから、日寛上人の御形木御本尊を戴くことは二度目ということになります。

このほか、御形木の御本尊には板本尊と呼ばれている御本尊があります。 この御本尊は一枚板に筆記し字のところを掘った御本尊と、紙幅の御本尊(直筆)あるいは転写したものを貼って字のところを掘った御本尊の二種類があり、古くから制作されてきた御形木の御本尊であります。 この板御本尊は複数作られることもありますが、だいたいが一体のみであります。 実は、戒壇の御本尊もこの御形木御本尊の一つなのであります。 

おおまかには、御本尊には日蓮大聖人が書かれた御本尊と、代々の大石寺貫首がそれを書写した御本尊と、それらの御形木である板に彫った御本尊と、印刷された紙幅の御本尊があることになります。

それにしても、その御形木の御本尊を大石寺貫首が開眼していたなんて、聞いたことがありません。 開眼が必要不可欠な重要な秘儀であるならば、必ず御書や相伝書に書かれるはずですが、どこにもありません。 ということは、戒壇の御本尊も含め、それまでの御本尊はみんな” ニセの御本尊 ”ということになるようであります。

※ 2015/01/15 改訂
Category : 御本尊 Comment : (1) |

管理人のみ閲覧できます * by -

2015-01-13(Tue)
御本尊の書写は、日蓮大聖人の御入滅後、日興上人だけが行っていたのでしょうか。 どうもそうではないようであります。

日興上人の弟子においても書写は行なわれていて、当時は必ずしも大石寺貫首(法主)だけの専権ではなかったことが史料から読み取れます。 どうも、遠隔にある地では、その地で弘教していた弟子が、信徒に下附する御本尊を自ら書写していたのかもしれません。 また、相伝に基づかないものであれば、五老僧も書写は行っており、日興上人が、そのことを謗法として咎めた、という形跡が見当たりません。  
代々の大石寺貫首が、日蓮大聖人からの相伝に基づいて書写を行なっておりますが、かつては” 秘伝 ”とされていた「 御本尊七箇相承 」等も、今では公開されて皆が知るところとなっております。 その内容は、相伝とは言っても何か特別なことではなく、戒壇の御本尊を写すにあたり、その意義と注意点が記されているだけであります。 書写した御本尊と戒壇の御本尊と違うのは、花押のところだけになります。 七箇条以外にもこの相伝書には記されている内容があるのですが、書き方の並びに違和感があり、後代による加筆である可能性が指摘されています。 

日顕宗ではこの書写に加え、御本尊には大石寺貫首(法主)の開眼が必要だと言い出しており、開眼のない御本尊は、どんな御本尊であろうと” ニセの御本尊 ”だという悪辣な邪義を立てております。
御本尊の開眼など、御書のどこにも書かれていないし、相伝書にもありません。 過去に宗門で一度たりとも行われたことが無い事であり、御本尊を侮蔑する行為のなにものでもありません。 御本尊は開眼しようとしまいと、三大秘法の御本尊であります。 その御本尊に、大石寺貫首の許諾もなく勝手に題目をあげても功徳はない、というのであります。 ほんと、子供が駄々をこねてわけのわからないことを言っているようなものです。
御本尊と信徒の間に仲介者を置き、開眼などという密教を取り入れた台密ならぬ蓮密を持ち込んで、日蓮大聖人の信心の血脈を自ら切ってしまいました。 最近では、創価を破門したくせに、会則を改訂すると、未練がましく難癖をつけてくる姿はみっともない限りであります。 今更ながら、似非仏法の低級な教義感覚には、あきれるしかありません。

御本尊が何かしてくれるのではなく、南無妙法蓮華経の信行をもって、御本尊と境智冥合し、自らの本地である無作の三身を顕わしていくことが、まったく解かっていないようであります。 このように、日蓮大聖人の仏法とは言えない宗派になってしまったために、わたし達は日顕宗と呼ぶのであります。
Category : 御本尊 Comment : (0) |
2015-01-12(Mon)
一ノ倉沢
( 写真:谷川岳一ノ倉沢 )

今日は成人の日の祝日です。

最近は地元で成人式が迎えられるようにと、日にちを変えて休日と継ないでいますが、なかなかいいアイデアだと思います。 やはり故郷で幼なじみと一緒に迎える成人式は、いいものだと思います。

というわたしは、故郷を持たない東京人ですから、ほんとうのところは判りません。

二十歳といえば、もう43年前のことで記憶も薄れていますが、たしか、わたしは成人式には参加していません。 当時は、公会堂で成人式が執り行われ、区長が祝辞を述べ、成人の代表が決意を披露するというだけの、つまらないものでしたから、参加していないはずです。

かわりに、その夏、中学の同級生と谷川岳に登り、成人を祝っています。 とはいっても、山岳部の彼らについていくことなど、わたしには出来るはずもありませんから、途中まで登って、垂直の壁のところで諦めました。 そんなわたしを見て、彼らはおもしろがっていたにちがいありませんが、そんなことは承知で、わたしも、それを楽しんでいました。
その前日の夜、初めて30キロのリュックを背負い、土合の駅からキャンプ地まで、暗闇の中、山道を長いこと歩いたのを覚えています。 着くころには小雨が降り始め、キャンプ地を川の中州から少し高台に移して野営しましたが、わたしは雨音と川の徐々に増してくる流れの音で、なかなか寝付くことができないでいました。 それでも疲れが勝ったのか意識がなくなり、目が覚めてみれば雨もやんでいて、テントから出てみると辺り一面が朝の光に包まれおり、靄(もや)の漂う木立の様子を目にしたときは驚きでした。 キャンプ地に来るまでや、テントを張っているときは真っ暗闇で、ヘッドライトの明かりだけでしたから、まるで別世界のように感じたのです。
朝食を準備し、温かいコーヒーを飲んで、すぐテントを出発。 途中で谷川岳の雪解け水の流れに口をつけ、直接飲んだときの味は忘れられません。 最高でした。

昔話は長くなるので、この辺でやめておきますが。

ようするに、成人の皆さん、
おめでとう! (^^
Category : 歴 史 Comment : (0) |
2015-01-09(Fri)
一昨年はビートルズのデビュー50周年で、わたしの好きな楽曲を選んで紹介してきましたが、仕事と活動が忙しくなり中途半端になっていましたので、今年はジョン・レノンの歌を紹介しつつ合い間にビートルズも紹介できればと思っております。

今日は、ジョン・レノンが5歳になった息子のショーン・レノンに捧げた歌を紹介させていただきます。

よい週末をお迎えください。 (^^

・ Beautiful Boy

Category : 音 楽 Comment : (4) |

* by みかん。
こんばんは。

なんだか沢山コメント書いちゃってますが、すみません(・∀・;)

この曲も秀逸☆かなり好きです♪
ショーンへの愛情がひしひしと伝わってくるし、美しい旋律っすね。

ジョンのビデオで、育児に専念する彼の“主夫”ぶりを微笑ましく観ていた記憶があります。
ジョンは元祖イクメンなんすよね(笑)

そういえばショーン、以前ホンダのCMに出てましたよね。
メガネや髪型がジョンによく似ていて、ついでに作る曲や声もお父さんぽいなぁと(o^^o)

good night, ショーン。
see you in the morning.
なんちゃら…
というジョンお父さんの囁き声が優しいっすよね(´∀`)

* by 夕焼け.
みかんさん、こんばんわ。

いいでしょ? 
J・レノンの曲は、聞けば聞くほど、その良さが染み出てきます。

じつは、この曲が、日本でシングルCDとして出た時に、
一緒に収録されていたのが「 Beautiful Boys 」というオノ・ヨーコさんの曲で、たぶん、評価の割れる曲だと思いますが、わたしは好きです。

参考にリンク先を記しておきます。
https://www.youtube.com/watch?v=NsBXG8kTed0

* by lionkingtakahiro
「創価に乾杯」久々に読まさせて貰っています。昨年の9月以来ですが、ご病気にでも?と、思っていたのですが、今日 偶々ブログを発見でき大変に感激しています。遠く離れていた大先輩にお会いできたような喜びと嬉しだで一杯になりました。色々な方のブログを見ておりますが、素直に受け容れ、考えて読める「夕焼け」さんのブログが大好きです。これからも「信心の核、要諦」等「夕焼け」さんの素晴らしい感性と熟慮されたブログに期待しています。
”フレーフレー夕焼けさん”今日の再会に嬉しくなり、コメントさせて貰いました。

* by 夕焼け.
lionkingtakahiroさん、おはようござます。

ご心配をおかけして、申し訳ありませんでした。
そして、ありがとうございます。

たしかに、この齢ですから、あちこちガタがきております。
しかし、元気でおります。
今日もこれから出勤です。
1日が30時間、いや、48時間あればいいのにと思います。
このブログは、まだまだ続けますよ。

lionkingtakahiroさんも、風邪などひかず、元気でお過ごしください。

2015-01-06(Tue)
blog_import_523d711e2f49a.jpg

SGI池田会長は折々の会合で御書を繙き、次のように語られています。


【 本文 】 新池御書 (P1443) 
『 南無妙法蓮華経と他事なく唱へ申して候へば天然と三十二相八十種好を備うるなり、如我等無異と申して釈尊程の仏にやすやすと成り候なり 』

【 通解 】 
『 南無妙法蓮華経と、他の事にとらわれることなく唱える人は、自然に三十二相・八十種好が備わり、法華経に「 我が如く等しくして異なること無からしめん 」と説かれるように、釈尊のような仏に、やすやすとなる 』

【 指導 】
* 法華経の従地涌出品には、地涌の菩薩に、仏と同じく「 三十二相 」ありと説かれる。 「 是の諸々の菩薩は、身は皆な金色にして三十二相・無量の光明あり 」と。 この経文には甚深の意義があると拝される。

いくら信心し、仏道修行しても、とうてい仏にはなれない、などと言う者があったとしたら、大聖人の門下ではないという文証である。 また、それは道理にも反する。 一切衆生を成仏させるために御本仏がご出現になり、あれほどの大難を忍んで御本尊を建立してくださったのである。 御本尊を拝して成仏できないとなったら、大聖人の法戦が無意味とさえなろう。 断じてそんなことはないはずである。

< 御書とその心 >より


仏という仏は皆、一切衆生を仏にするために出現されるのであります。 仏の誓願は「 如我等無異 」それ以外にはありません。 そうであるならば、わたしたちは仏になるために生まれてきているのではないでしょうか。
御本仏である日蓮大聖人は、そのために御本尊を遺してくださり、仏道修行として広宣流布という法戦を教えてくださっています。 あとは、わたしたちが、そのことを信じ、地涌の菩薩としての使命に目覚め、御本尊に唱題し抜いて、仏の道を歩んでゆけるどうかにかかっております。
Category : 御 書 Comment : (0) |
2015-01-05(Mon)
第二代戸田会長が、ある寺院の落慶法要で、法華講と講の一つである創価学会の違いについて次のように話されたことがあります。 


* 「 古い御信者(法華講やその他の講)と違うところはですね。 古い信者方は、“ いつか広宣流布はできるだろう ”と、こう思っているのと、創価学会は、“ 広宣流布をする ”ていうのと、それは、ちょっと違うんですね。 それだけの相違なのです。
古い御信者は、いつかできるだろうと呑気にしていますけども、我々は、すぐやらんきゃならんと思うから忙しいだけです。 」 (抜粋)


この差は、まったくもって大きいですね。
この差が、今の邪宗門を生んだ遠因といえるでしょう。
心が腐ってしまうのは目に見えています。
 “ 広宣流布をする ”、“ 今すぐやらんきゃならん ”という思いは、そのまま日連大聖人の心ではないでしょうか。 久遠の誓願に生きる創価だからこそ、仏意仏勅の団体となったのです。

「 時を待つべきのみ 」と大聖人は仰っていますが、勘違いするのも甚だしいといえます。
Category : 創 価 Comment : (0) |
2015-01-04(Sun)
創価大学 箱根駅伝 完走おめでとうございます。

正月2日・3日のTV中継を所々で見させてまらいましたが、往路では順位の変動に一喜一憂しておりました。 また復路では鶴見中継所で襷が継げずに悔しい思いもしましたが、最後のランナーがゴールで、沿道の人々に、あるいは走路に、踵を返すように礼をした姿には清々しい気持ちにさせてもらいました。
その10区最後のランナーは沼口君という4年生でしたが、ゴールする前に襷を外し手に取りながらゴールしたようです。 その様子を後に創価大学広報のTwitterで次のようにツイートしております。

『 なぜ最後襷を取ったのか? 記者の人にたくさん聞かれたし、見てた人も疑問に思ったと思います。 襷は来年に「 繋ぐ 」という意味で取りました。後輩達に来年も、この舞台で走ってほしいと思い、来年の1区に襷を渡したつもりです。 』と。

それぞれの選手たちの思いが、その姿に集約されていたのかと改めて知る思いでした。 今回の悔しさを忘れず、来年も箱根駅伝に必ず戻ってきて、その雄姿を見せてほしいと思います。

91回箱根駅伝
( 写真:創価大学陸上競技駅伝部公式サイト )


また、創価大学の応援のチアガール・吹奏メンバーも、寒い中で、大学を問わず選手たちの応援を長時間ありがとう。 
ご苦労様でした。


それにしても、正月の楽しみが一つ出来て、今年はいい正月になりました。 (^^
Category : 日 記 Comment : (3) |

* by みかん。
こんにちは。
みかん。と申します、はじめましてm(_ _)m

駅伝にはミジンコも興味ないんすけど、旦那様の通っていた創価大学が出るという事で、今年初めて何分かじっくり見てみました(・∀・)

初日スタートの一区が確か13位で襷を渡したけど、そこがピークで、あとはどんどん順位が下がってしまい、結局最下位でゴールだったわけですが、創価大学に限らず皆さん凄く頑張って走っていらっしゃいましたね!
優勝した青学の「ワクワク大作戦」みたいな、楽しくて楽しくて仕方ない駅伝というのはちょっと驚きでしたけど(笑)

繰り上げスタートした事、聖教新聞にも、同志の人達のブログ記事にも、見たところ全然書かれてなかったのが「なんで??」と思ってたら、こちらの記事には書いてあって妙に安心しました(笑)
本日付けの聖教新聞「名字の言」にもしっかり記述があり、更にホッとしました。
なんか、あまり良くない話題には触れないルールでもあるのかなぁなんて思っていたので…(・∀・;;)

そうっすね、自分の走ってきた道に振り返って一礼(おじぎ)した姿、とっても爽快で、そして厳粛な気持ちがしました!

最後襷を外した理由は、納得至極☆
こうした行為は創価大学が初めてなのでせうかね?(・∀・)

ともあれ、次の、勝利に、繋げる襷。
今年を勝利の因にして、皆さんますます頑張れ!!!

* by 夕焼け.
みかんさん。 ようこそ。
記事では、創価大学だけを取り上げましたが、
今回の駅伝でも、各大学で様々なドラマがあったと思います。

” あまり良くない話題には触れないルール ”ですか(^^
ありのままがいいですよね。
みんな知っているんだから。

ゴールで、走ってきた道に振り返って一礼をしたのは、ほかには同じソウダイで早稲田大学だったと思います。 (他にもあったかも)
この行為は、今までの駅伝でも各大学の選手が行っており、珍しいことではありませんが、何度見てもいいものです。 それを創大の選手がしてくれたので、とてもうれしかったです。

襷を外して、手に握りしめてゴールは、過去にはなかったと思います。

追記

来年戻ってきたときには、最初のスタートではその襷を握ってスタートし始めたらいいと思います。(規則で許されれば)

* by みかん。
こんばんは。
お返事ありがとうございますm(_ _)m

一礼は他の大学選手もあるけれど、
最後襷を握ってゴールは過去に例がないんすか!
なるほど(・∀・)!
素敵です。


来年のスタートで、襷を握ってのスタート…(゜∀゜)!
いいっすね~☆
ルールがあるのでせうから、実際は無理だとしても、ななめにかけた襷をギュッと握りしめてスタートとかでも、きっとグッと来ますね!

2015-01-03(Sat)
日蓮大聖人の信心をはじめると、必ず” 難 ”が起こります。

” 難 ”は信心をさせまいとし、信ずる心を不信へと変える働きがあります。 しかし、この” 難 ”は宿命転換の分岐点には必ず現れてくるものなのです。
龍ノ口の難で首を切られんとして、本有の境地を顕わされた日蓮大聖人しかり、獄中で官警の執拗なあらゆる暴力に苦しめられた戸田先生もしかり。 悪口を言われ馬鹿にされ、あるいは信心の途上において、過酷な宿命にさらされた草創の同志もそうでありました。 このとき、難に負けるか、信心で立ち向かうかで天地雲泥の差が出てきてしまいます。

” 難 ”には様々な出来事がありますが、信心を貶され、非難されることも、その一つであります。
さまざまな宗教団体がありますが、世間から、さんざん悪口を言われ、非難を浴びせかけられたのは、現代において創価しかありません。 しかし、悪口憎言が吹き荒れれば荒れるほどに、創価は発展し続けてきました。 今や世界広宣流布の流れは着実に増しており、各国に人材の城が次々と築かれてきています。

池田SGI会長は、『 “ 非難されているかどうか ”が問題なのではない。 よきにつけ悪しきににつけ、動けば風は起こる。 何も言われないのは、何もしていないからである。 問題は“ だれに非難されているのか ”である。 善人は悪人に非難され、悪人は善人に非難される。 この本質をきちっと見ていくことである。 日蓮大聖人は、ご自身のことを、こう言われている。 「 いまだ此れ程法華経の故に三類の敵人にあだまれたる者なきなり 」と。 そして、厳然と宣言しておられる。 「 愚人にほめられたるは第一のはぢなり 」と。 牧口先生も、戸田先生も、つねに、この御文を拝しておられた。 』と話されております。

御書に『 妙法蓮華経を修行するに難来るを以て安楽と意得う可きなり 』とあるように、見方を変えれば、” 難 ”は成仏させようとする働きでもあり、" 難 "の本質を見てゆけば、心晴れやかでなんの迷いもありません。 信心で立ち向かえば、悪は久しからず、必ず滅びさっていくのが仏法の原理であります。
” 難 ”を起こして、過去世の悪しき宿業を転換させゆく信心の鍛えに、創価の仏道修行の本質があるといえます。
Category : 信 心 Comment : (2) |

管理人のみ閲覧できます * by -

管理人のみ閲覧できます * by -

2015-01-01(Thu)
謹 賀 新 年

富士山日の出前
( CC yamasasa 富士山日の出前 )

明けましておめでとうございます。

本年はSGI(創価学会インターナショナル)が発足してから40年目にあたります。  1975年1月26日。 グアム島で開催された第1回「 世界平和会議 」に世界51カ国から集ってきた地涌の同志たち。 そのとき、SGI池田会長は次のように訴えかけました。


* 「 地平線の彼方に、大聖人の仏法の太陽が、昇り始めました。 皆さん方は、どうか、自分自身が花を咲かせようという気持ちでなくして、全世界に妙法という平和の種を蒔いて、その尊い一生を終わってください。 私もそうします。 」


なんと尊い生き方でしょう。
願わくば、この言葉を胸に、師と共に今年も歩んでまいりたいと思っております。
2015年 元旦
Category : 挨 拶 Comment : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。