--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2014-03-18(Tue)
最近、公私ともに忙しく、記事を更新することができないでいます。

記事は更新できないでいますが、何か問題があるわけでもなく、いたって元気に動き回っております。 ただ、夜遅く家に帰ってくると、どうしょうもないくらい眠気におそわれて、記事を書くどころではなくなっております。
齢なんでしょうかね。 (^^!

最近、戸田先生の法華経方便品・寿量品講義を、寸暇を見つけては丹念に読んでおります。 この本は、何度も読んできたものですが、読むたびに感動し、あらたなる想いが湧き上がってまいります。

日蓮大聖人の御存命のときに、どれだけの人が、日蓮大聖人の御正意を理解することができていたでしょうか。 むしろ、今のほうが、明確に理解できるのではないでしょうか。 それは修行の面でもそうでありますし、そうゆう意味で、このような“ 時 ”にめぐり合わせた幸運に感謝をしなければなりません。

僧宝であられる日興上人は、「 この法門は、師弟子を正して仏になり候。 師弟子だにも違い候へば、同じ法華を持ちまいらせて候へども無間地獄に堕ち候也。 」と言われましたが、同じ信心であっても、どのような師を師とするかで、大きな違いが出てきてしまいます。 ましてや、日蓮大聖人の心に違えてしまえば、「 敬うとも国滅ぶ 」であり、無間地獄は疑いないでしょう。 戦時中や昨今の宗門の姿が良い例であります。 創価三代の師を師とできることの凄さは、歴史と共に明らかとなってきます。
スポンサーサイト
Category : 日 記 Comment : (0) |
2014-03-05(Wed)
アーノルド・トインビー博士との対談で、世界中の識者・政治家・思想家・芸術家・科学者らとの対話を託されたSGI池田会長は、文明間・文化間・民族間・宗教間に横たわる溝に橋を架けるように対話を重ねてきました。 あれから42年、一人との出会いの中で生まれた約束を、これほどまでに切実な思いで誠実に向き合って努力する姿に、わたしは尊敬の念を抱かずにはいられない。


・ 第3話 対話で開く平和の大道
Category : 創 価 Comment : (4) |

* by 風鈴
初めまして。東京の男子部の風鈴(ふうりん)と申します。

私は現在阿弥陀如来と南無阿弥陀仏が大好きな
人を折伏しています。なにかいい記事がないかなと
探していましたら、夕焼け様の2011-08-11(Thu) の記事が
非常に素晴らしかったので、その知人に内容を伝え
させていただきました・・・・

もう何度も折伏してる方ですが夕焼けさんの
記事で彼の心に響いてくれるかなぁと
思っております(^O^)

ありがとうございました

* by 夕焼け.
風鈴さん ようこそ。

素晴らしい。
折伏は真の友情の証です。

人間生命の根幹に仏の生命の覚醒を促すのが折伏であり、
それは自身の仏の生命の薫発にもつながっています。
折伏の真髄は、唱題にあり、友を想い題目をあげぬいてください。

管理人のみ閲覧できます * by -

* by 夕焼け.
No.320さん、大変でしたね。

今日の聖教新聞の新・人間革命に総てがあります。
わたしが、それ以上付け加えることはありません。

信心は” 心こそ大切なれ ”であります。
その一点を踏み外せば、功徳はありません。
難を受けきって、どうか宿業を転換してください。

勝利のカギは、やはり題目と折伏にしかありません。
いやでも、辛くても、一歩を踏み出すことが” 億劫の心労を尽くす ”にあたります。

2014-03-04(Tue)
まず会うこと、そこからしか対話は始まらない。

仏法を語る事も大事だが、
顔と顔を会わせ、話せることから始めれば、
それが、心と心を結んでゆくきっかけとなる。


・ 第2話 対話と行動の軌跡
Category : 創 価 Comment : (0) |
2014-03-03(Mon)
民族である前にあるのものは人間、
その人間の振る舞いを説ききったものが仏法にほかならない。

不軽菩薩の心を持てるかどうか、
人間の本質を見つめる哲学がなければ、
人間は禽獣と変わらないものになってしまう。


・ 第1話 そこに人間がいる
Category : 創 価 Comment : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。