--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2013-10-08(Tue)
この御書は、弘安2年(1279年)9月に身延において、寂日房を介してある門下にしたためられた、日蓮大聖人58歳の時の御手紙です。

この年の9月21日には、滝泉寺院主大行地の陰謀による「 熱原の法難 」が起こり、翌月の10月12日に出生の本懐である大御本尊を日蓮大聖人は顕されております。


【 要 文 】

『 夫れ人身をうくる事はまれなるなり、已にまれなる人身をうけたり又あひがたきは仏法・是も又あへり、同じ仏法の中にも法華経の題目にあひたてまつる結句題目の行者となれり、まことにまことに過去十万億の諸仏を供養する者なり。 』

『 日蓮は日本第一の法華経の行者なりすでに勧持品の二十行の偈の文は日本国の中には日蓮一人よめり、八十万億那由佗の菩薩は口には宣たれども修行したる人一人もなし、 』

『 父母となり其の子となるも必ず宿習なり、 』

『 一切の物にわたりて名の大切なるなり、さてこそ天台大師・五重玄義の初めに名玄義と釈し給へり。 』 

『 日蓮となのる事自解仏乗とも云いつべし、かやうに申せば利口げに聞えたれども道理のさすところさもやあらん、経に云く「 日月の光明の能く諸の幽冥を除くが如く斯の人世間に行じて能く衆生の闇を滅す 」と此の文の心よくよく案じさせ給へ、斯人行世間の五の文字は上行菩薩・末法の始の五百年に出現して南無妙法蓮華経の五字の光明をさしいだして無明煩悩の闇をてらすべしと云う事なり、 』

『 今の経文の次下に説いて云く「 我が滅度の後に於て応に此の経を受持すべし是の人仏道に於て決定して疑い有ること無けん 」と云云、かかる者の弟子檀那とならん人人は宿縁ふかしと思うて日蓮と同じく法華経を弘むべきなり、法華経の行者といはれぬる事はや不祥なりまぬかれがたき身なり、 』

『 同じはぢなれども今生のはぢは・もののかずならず・ただ後生のはぢこそ大切なれ、獄卒・だつえば懸衣翁が三途河のはたにて・いしやうをはがん時を思食して法華経の道場へまいり給うべし、法華経は後生のはぢをかくす衣なり、経に云く「 裸者の衣を得たるが如し 」云云。 』

『  此の御本尊こそ冥途のいしやうなれ・よくよく信じ給うべし、をとこのはだへをかくさざる女あるべしや・子のさむさをあわれまざるをやあるべしや、釈迦仏・法華経はめとをやとの如くましまし候ぞ、 』
スポンサーサイト
Category : 御 書 Comment : (0) |
2013-10-07(Mon)
最近、ジブリアニメの「 風立ちぬ 」が公開されて、話題になっていましたが、ジブリアニメといえば、わたしは、やはり「 魔女の宅急便 」が好きです。

その「 魔女の宅急便 」は、童話作家の角野栄子さんのライフワークとなった同名作品を映画化したものですが、主人公のキキが、悩みながら一生懸命に生きて、大人に成長していく姿がとても爽やかで、印象的でした。 この作品には、 ” キキのように、誰だってひとつくらい「 魔法 」を持っているのだから、それを信じて、自分が人の為に何ができるのか、したいのか、一生懸命探してみなさい。” というメッセージが込められているような気がいたします。
人は結局は、だれかの為に生きることで、自分を見つけ、才能を開花させながら成長し、生きがいを感じていくものなのだと思います。

ところで、「 風立ちぬ 」は観たかって?
はい、観ましたよ。 (^^

風立ちぬ
(flickr cc 2013 ccsx kaze-tachinu

主人公とその妻の別れが、とても悲しかったですね。

才気あふれる、心優しい青年が、時代に呑まれ、戦闘機作りに夢を託し、最後は何もかも失って、山のように積まれた戦闘機の残骸の中に佇んでいるシーンがありますが、そのときの気持ちはどんなものだったでしょう。 それでも、生きていかなければならない、どうしょうもない悲哀を、夢に、希望に変えて生きていこうとする彼の姿は、やはり東日本大震災のことを思い描いて、宮崎監督が伝えたかったメッセージなのかもしれません。

幸福への努力と苦難との格闘が、六道輪廻となるのではあまりにも悲しい。 しかし、人類の歴史にはそのような悲しみが溢れています。 その悲しみを打ち砕いて、宿業を転換し、絶対的幸福境涯を確立するためには、人が妙法の尊極なる当体であるとする日蓮大聖人の信心が必要であります。 御本尊に唱題し、人々に成仏の種を植えていく以外に成仏の道はないのであります。
Category : 人 生 Comment : (0) |
2013-10-04(Fri)
もう、とうに夏は終わっているのに、暑さが続いていましたが、今日は急に冷え込んで、秋が一気に来たようでした。 
秋の紅葉で思い出すのは、表参道近くにある根津美術館で見た真赤に燃えた庭の紅葉です。

今日は、ハイ・ファイ・セットの歌で「燃える秋」を紹介いたします。 この歌は、作詞が五木寛之さん、作曲が武満徹さんというゴージャスなもので、映画「燃える秋」(1979年)の主題歌であります。

よい週末を。 (^^

・ 燃える秋
Category : 音 楽 Comment : (0) |
2013-10-01(Tue)
メンテナンス 終了いたしました。

LivedoorブログからFC2ブログの引越しツールを介して、Exciteブログに引っ越したとき、いろいろと修正しないといけない部分があったのですが、新たにコメントのテキストの改行が無くなっていて、意味が伝わらない文章が多数生じていました。 何とか修正しようとしたのですが、無理なことが判明し、

思い切ってFC2ブログに引っ越してきました。 (^^;

LivedoorからFC2に移したときのほぼ完ぺきな状態のものが残っていて、それを利用し、なんとかテンプレートのカスタマイズも終わらせ、以前の状態を回復させることができました。 読んでいただいていた皆さんには、大変ご迷惑をおかけしました。

お詫び申し上げます。 m(_ _)m
Category : 連絡事項 Comment : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。