--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2013-06-30(Sun)
blog_import_523d711e2f49a.jpg

SGI池田会長は折々の会合で御書を繙き、次のように語られております。


【 本文 】 上野尼御前御返事 (1580P) 
『 一切経の功徳は先に善根を作して後に仏とは成ると説くかかる故に不定なり、法華経と申すは手に取れば其の手やがて仏に成り・口に唱ふれば其の口即仏なり、 』

【 通解 】 
『 法華経以外の教えでは、先に善根(因)を積んで、後に仏(果)になると説く。しかし、法華経では、手に取れば(因)その手がそのまま仏(果)となり、ロに唱えれば(因)そのロがそのまま仏(果)となる 』

【 指導 】
* まことにすばらしき妙法の力である。
皆さまもよくご存じのとおり、 「 蓮華 」 は、仏法上、深き意義を託されている花である。 くわしくは略させていただくが、その一つとして 「 蓮華 」 は、花(因)と実(果)が同時に生長していく。 他の花には見られない特徴がある。これは妙法蓮華経の因果倶時の法理を表している。

何度も生まれては修行を繰り返し、ようやく仏になれる、というのではない。 また、過去の暗い罪業に縛られることもない。 今世の日々の生活のなかで、妙法を今、信じゆく 「 信心 」 の一念によって、瞬間瞬間、この生身の五体に、そのまま尊極な仏の生命を脈動させていける。 これが大聖人の仏法である。

総じては、広布に徹しゆく、信心強き人は、そのまま仏であると説かれている。 ゆえに、この人々を軽んじ、見くだしていくことは、仏を見くだすことである。 仏を軽んじては、罪をつくることは当然である。 一人の妙法の友に対しては、どんなに尊敬しても、尊敬しすぎることはない。

< 御書とその心 >より


日蓮大聖人(御本仏)が、仰っているのです。
広宣流布の大願に生きる人が、一生成仏しないわけがありません。

御本尊に唱題し、妙法を語り、広宣流布ために尽す人が、その時は、仏とは見えないかもしれませんが、仏に成りゆく人であり、生々世々、金剛の身を備え、福徳に囲まれ、崩れざる勇気と、尽きることのない智慧と、深き慈悲をたたえた境涯で生きていくことができる、とのお約束です。

反対に、法華経の行者を誹謗する人は、その時には何事もないように見えても、地獄の人なのです。 立正安国論には、『 仁王経に云く「 人仏教をやぶらばた孝子無く六親不和にして天竜もたすけず疾疫悪鬼日に来つて侵害し災怪首尾し連禍縦横し死して地獄・餓鬼・畜生に入らん、若しいでて人と為らば兵奴ひょうぬの果報ならん、響の如く影の如く人の夜書くに火は滅すれども字は存するが如く、三界の果報も亦復またまた是くの如し 」 』また、聖人御難事には 『 過去現在の末法の法華経の行者を軽賤する王臣万民始めは事なきやうにてついにほろびざるは候はず、 』とあります。
スポンサーサイト
Category : 御 書 Comment : (0) |
2013-06-28(Fri)
今日は演歌を紹介いたします。 

八代亜紀さん。 もともとはジャズを歌っていたクラブ歌手でした。 最近、ニューヨークの歴史あるジャズクラブで、念願のステージを踏むことができたそうです。 そのとき、ジャズをひとしきり歌ったあとに、最後に歌ったのがこの曲でした。 ニューヨークのジャズファンは、言葉は解からなくても、情感が心に染み入ってきて、感動したそうです。

よい週末をお過ごしください。 (^^

・ 舟 唄
Category : 音 楽 Comment : (0) |
2013-06-27(Thu)
d0e9e88b.jpg

SGI池田会長の著作に「 君が世界を変えていく 」という本があります。 世界の少年少女に向け、平和への心を語りかけたものですが、その中の一文を紹介いたします。


*「 苦しんでいる人を、ほうっておけない 」
その焼けるような思いが、釈尊の心であった。
また、イエス・キリストの心であったし、マホメットの心であったと私は信じる。
苦しむ人のもとに駆けつけ、希望の手を差しのべる人であった。
宗祖のその < 人間愛の原点 > に返ろう!
そして、憎しみの熱風に荒らされた地球を、慈愛の大河と大河で潤していこう!

安斎伸先生と、私は、何度も何度も、そうゆうことを語り合った。

<宗教は平和のためにある>より


安斎先生とは、上智大学の名誉教授で、バチカン聖庁の信徒評議会評議員をやられた方です。 池田先生と親交を重ねてこられ、かつて、某新聞で、池田先生の叙勲にたいする誹謗中傷の投稿コラムに対し、厳しい反論の投稿を寄せられた、というエピソードをおもちです。

創価(SGI)は国連の宗教NGO委員会に参加し、副議長、議長を務めたことがあります。 国連加盟国、国連部局機関、NGOが参加する 「 平和のための宗教間協力3者フォーラム 」 が発足したときには、NGO側の代表を務めるなど、国際的な宗教間対話の活動を積極的推進してきました。 それは、この一文に込められた想いが背景にあるからなのですが、信心されていない方は意外に思うかもしれませんね。

このことだけでなく、創価の普通の姿を知れば、意外なことはまだまだあります。 (^^
Category : 創 価 Comment : (0) |
2013-06-26(Wed)
eb31507c.jpg
(写真:SGIグラフ  南アフリカ ダーバン 2013年4月)

創価の凄さは、信心した人の信仰体験の多さと感動的な内容にあると、つくづく思います。 

聖教新聞、大白蓮華、各種会合や座談会には、必ずといっていいほど、新しい体験談が次から次へと紹介されています。 身近な人や海外に住む人にいたるまで、苦難を克服した実証を目のあたりにすると、日蓮大聖人の仏法の正しさを改めて実感させられます。 

わたしは、信心したばかりのころに、初信の功徳を体験し、信仰に確信をもつようになったのですが、その後、清算しなければいけない宿業が出てきたり、福運を積むため、境涯を高め、人間として成長するために、様々な苦境や労苦に見まわれはじめると、確信も褪せ、逡巡したり、引き下がったり、落ち込んだりするようになることがありました。 しかし、多くの同志のすばらしい体験談にふれることで、初信を取戻し、唱題し、仏法対話に汗を流すことで、さらなる実証を掴んできました。

日蓮大聖人は、御書のなかで、『 仏法をこころみるに道理と証文とにはすぎず、又道理証文よりも現証にはすぎず 』と仰っていますが、” 本当にそうだなぁ ” と思います。 仏教の浅深・善悪・正邪は、釈迦の残した経典やその論理的内容によって判定することは当然として、 ” 人々を実際に救ったのか ” という視点から見ていくことが大切であります。 その点で、日蓮大聖人の仏法、なかんずく創価の信心には、ほかでは真似のできないほどの ” 現証 ”があり、質・量ともに、創価にはどんな宗教も敵わない。
Category : 創 価 Comment : (0) |
2013-06-25(Tue)
仏教では、修行を積むことによって、悟りを開き、仏に成れるとされています。

その修行は、小乗教では戒を保ち、禅定することに重点が置かれ、大乗経では善を為し、観心することに重きを置いています。 前者は出世間、後者は世間をその修行の舞台としています。 一般的な世の中の常識では、前者の修行が正統なものだとされていますが、それはとても浅はかな見方です。 釈迦が説いた教えではありますが、まだそのほかに深い教えを説いていることを知ってほしいと思います。 仏道修行には小乗教・大乗経・法華経と、それぞれあり、その内容も違ってきます。 詳しいことはここでは省きますが、いずれも歴劫修行しなければ辿り着けないような内容であります。

末法では寿量品の事の三大秘法の修行だけが仏に成る道だと、日蓮大聖人は説いていますが、具体的に言えば、御本尊に向かい、端坐し、合掌しながら、一心に南無妙法蓮華経と唱えること、そして、この妙法を人に語り抜いていくことに尽きてまいります。
三学即妙の法こそ御本尊であり、御本尊の相貌そのものの実在化こそが、寿量品の事の三大秘法の修行を成すということになるのです。 この妙法を信じ(慧)、一心に唱題し(定)、慈折広宣流布の大願に生きる(戒)ことが、成仏に至る唯一の仏道修行であり、それは仏の振舞いそのものでもあります。

この修行は、簡単なように見えますが、実に勇気と忍耐と努力を必要とします。 自己と向き合い、心の師となり、他の人の幸福のために生きていくということは、そう易々とできることではありません。 仏道修行なのですから、苦労することを厭わずに、挑戦し、人間革命してまいりましょう。
Category : 御本尊 Comment : (0) |
2013-06-24(Mon)
f17ed7df.jpg


おとといの聖教新聞にSGI池田会長の指導で次のような内容が載っておりました。


* 戸田先生は語られた。

「 御本尊に題目をあげて、自分の境遇で、自分の立場で生ききっていけ! 」

たとえ絶体絶命に思える壁があっても、題目で立ち向かえば、必ず人間革命、そして宿命転換の突破口となる。 全部深い意味がある。 信心強き人こそが、幸福者であり、勝利者なのだ。


< 名誉会長と共に 今日も広布へ 25 > より



人には様々な境遇があります。
信心していても、境遇に押しつぶされそうな思いをしている人が、きっといるでしょう。

このとき、大事になってくるのは、その中で、信心を核にしていかに自分を磨いていけるのか、ということです。 題目をあげ抜いて、労苦に耐え、自身を磨き抜いていくところに、人間革命、宿命転換への道が開かれてくるのです。 逆にいえば、今の境遇は人間革命、宿命転換するために用意されたものであり、境涯を高めていくため、自身を輝かせていくために必要なものなのです。 

信心があれば、必ず乗り越えられます。

こんな素晴らしいことはありません。
Category : 信 心 Comment : (0) |
2013-06-23(Sun)
この御書は、別名、法華経兵法事ほけきょうへいほうのことといわれおり、弘安2年(1279年)に身延において、鎌倉の四条金吾に宛てて書かれた、日蓮大聖人58歳の時の御手紙です。

日蓮大聖人が数々の迫害を乗り越えられ、身延に入られてから、今度は弟子檀那への迫害が顕著になりはじめます。
四条金吾も、讒言により主君の不興をかい、一時は領地を失うなど、逆境にみまわれますが、日蓮大聖人から信心の励ましや、立い居振舞い・言動など、こまごまとしたことを助言していただきながら、信心を根幹に主君への忠義を貫いてゆきます。 そして、その結果、讒言だと悟った主君は、四条金吾にたいして前にも増して領地を与え、信頼を寄せるようになりました。 しかし、それをよく思わない連中が、今度は四条金吾の命を狙って、密かに襲ってきたのです。


【 要 文 】

『 前前の用心といひ又けなげといひ又法華経の信心つよき故に難なく存命せさせ給い目出たし目出たし、夫れ運きはまりぬれば兵法もいらず・果報つきぬれば所従もしたがはず、所詮運ものこり果報もひかゆる故なり、ことに法華経の行者をば諸天・善神・守護すべきよし属累品にして誓状をたて給い 』

『 法華経受持のものを守護せん事疑あるべからず、まりし天も法華経を持ちて一切衆生をたすけ給う、「 臨兵闘者皆陣列在前 」の文も法華経より出でたり、「 若説俗間経書治世語言資生業等皆順正法 」とは是なり、これに・つけても・いよいよ強盛に大信力をいだし給へ、我が運命つきて諸天守護なしとうらむる事あるべからず。 』

『 ただ心こそ大切なれ、いかに日蓮いのり申すとも不信ならばぬれたる・ほくちに・火をうちかくるが・ごとくなるべし、はげみをなして強盛に信力をいだし給うべし。 』

『 なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし、「 諸余怨敵・皆悉摧滅 」の金言むなしかるべからず、兵法剣形の大事も此の妙法より出でたり、ふかく信心をとり給へ、あへて臆病にては叶うべからず候。 』
Category : 御 書 Comment : (0) |
2013-06-21(Fri)
梅雨に入ってから、まったく東京は雨が降りませんでしたが、ここのところやっと梅雨らしくなってきました。 しかし、昔の梅雨と比べると、突風が吹くなど、なにか落ち着きのない雨模様だと感じます。 

音楽には雨を題材にした歌がいろいろとありますが、降る雨に、人は心に、いろいろな想いを浮かべるからに違いありません。

今日は、昔よく聞いていた、小椋佳さんの歌を紹介いたします。

よい週末をお過ごしください。 (^^

・ 六月の雨
Category : 音 楽 Comment : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。