--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2012-04-27(Fri)
今日の新・人間革命では、池田先生が師弟について語っておられます。 とても大事なことを書いてくださっています。

信心されている人は読むことが出来るので、内容の引用はしないことにします。 信心されていない方は、この記事は読んでも理解できないでしょうから。 スルーされたほうがよいかもしれません。

blog_import_523d8c900d885.jpg

今に生きるわたしたちの師匠は、池田先生です。 新・人間革命( 人材城16 )に書かれている ” 戸田先生 ” ” 先生 ” ” 師 ” ” 師匠 ” のところを池田先生と読み替えて、自身の心に問いかけ、人間革命の道を歩んでいくことが、創価の人間として、とても大事な生き方となります。

さらに深く言えば、師は日蓮大聖人であります。 ” 戸田先生 ” ” 先生 ” ” 師 ” ” 師匠 ” は日蓮大聖人と読んでいくべきであります。 日蓮大聖人の心を心として生き抜かれたのが、牧口先生であり、戸田先生であられました。 そして、その心を心として行き抜いてこられたのが池田先生であります。 牧口先生・戸田先生の心と言っても、日蓮大聖人の心を心としていくことに尽きるのであります。 池田先生の心を心としていくならば、日蓮大聖人の心、生き方、振舞いに行きつくのです。 心を心としていく。 自身の血肉としていく。 それが今ほど求められている ” とき ” はありません。 日蓮大聖人の心を心として、自体顕照して生き抜いていくことが令法久住の根本義なのであります。

その創価を破壊しようとしたのが、今の宗門である日顕宗であります。 権威の衣の下で三毒に囚われて獅子身中の虫となり、喰法餓鬼のようにして、清浄であるべき宗門を食いつくし、邪宗門へと変えてしまったのです。 出世間のように見せかけた生活をし、利害や打算にまみれた姿に、僧の資格など断じてありません。 民衆を見下すなど、師敵対そのものであります。 日蓮大聖人の心を心とし、「 未だ広宣流布せざる間は身命を捨て随力弘通を致すべき事 」 、 「 先師の如く予が化儀も聖僧為る可し 」 を体現する者こそ、僧の僧たる資格と尊敬を受けていくことができるのです。
僧とは仏に成らんと仏の道を歩む者達をいうのです。 団結して、ただただ民衆の幸福を願い、広宣流布にいそしむ者達こそが僧伽なのです。 今においては、創価こそ、真の意味で僧伽といえます。 創価の誕生が仏意仏勅と言われる所以は、日蓮大聖人の心を心として生き抜く令法久住の姿にあると言えるでしょう。
スポンサーサイト
Category : 信 心 Comment : (6) |

No title * by 河越武蔵守頼重
講堂ですね。
良い感じに撮られてます。

天魔は成り上がり者。
あ奴には、連祖大聖人の御心が解るはずが無い。

No title * by 夕焼け
頼重殿、おはようございます。

このアングルは、たしか絵葉書にあったものだと記憶しています。
いいアングルです。 わたしも気に入っています。

仏法に違背するものは、何事もないように見えても、最後には滅びると御書に書かれております。 今の邪宗門、法華講も御書の通りになることはまちがいありません。 いずれ新たな時代とともに浄化されていくでしょう。

No title * by SHIn
とても分かり易い師弟の絆の講義ありがとうございました!

No title * by 夕焼け
SHInさん、こんばんわ。

先生のようにはなれない、と、どうか思わないでください。
心を受け継ぐことは、そして、行動することは、誰でも、できるのです。
それは、そう思えるか、そう思えないか、で決まります。

GWはいろいろとごくろうさまでした。

No title * by アイスコーヒー
夕焼けさん、今日は。 以前に、かどやよしたか、の名前でコメントさせていただきました。 以前は、パソコンの調子がうまくいかず、漢字に変換出来ず思うようにコメントがしにくかったのですが、四苦八苦の末、漸く漢字変換が出来る様になりました。 こちら中国では創価系のブログの内でも何故か読めなくされているものも多いですが、夕焼けさんのブログはカットされていないので有り難いです。       
私は平成3年に創価を脱会し法華講に入講し平成17年まで邪宗門にいました。 幸い日顕の法主詐称に15年目にして漸く気付き、法華講を脱講し、再び創価に再入信させていただきました。 私の拙い体験ですが、夕焼けさんのおっしゃるとり 仏法に違背した宗門と法華講は坂道を転がるように壊れていきました。 宗門、法華講は本当に無慈悲なところでした。 特に、僧侶の権威を繕う姿、本性は、食法餓鬼の姿そのものでした。 まさかが本当だった。

No title * by 夕焼け
アイスコーヒーさん、こんばんわ。

大変な環境の中で、お仕事ごくろうさまです。
がんばってくださいね。
創価から法華講、そして創価。 貴重な体験でしたね。 まさに雨降って地固まるで、これからも信心に励んで、共々にいい人生にしてまいりましょう。

2012-04-25(Wed)
今日の聖教新聞に ” 「 核なき時代 」 を民衆の手で ” と題して、4月14日、ニュージーランドの首都ウェリントンで行われた、同市とSGIの共催 「 市の非核宣言30周年記念コンサート 」 と 「 核兵器廃絶への挑戦 」展の様子が伝えられています。

10eda408.jpg
(聖教新聞2012年4月25日付 ニュージーランド)

今年は創価学会第二代戸田会長が 「 原水爆禁止宣言 」 をして55年にあたります。  長崎・広島の原爆から戦後の復興を始めた日本に、核の脅威をふたたび思い起こさせる事件がありました。 ビキニ環礁で行われた原水爆実験で、第五福竜丸の乗組員と、そのほか多くの漁船と水揚げした魚が 「 死の灰 」 を被って被爆したのです。 その後、第五福竜丸の船長は治療の甲斐なく亡くなられました。 心を痛めるこの事件を受けて、青年部5万人が集って行われた大会で、第二代戸田会長は第一の遺訓として 「 原水爆禁止宣言 」 を行ったのです。

原爆競争の犠牲となった日本。 今また、形を変えて放射能の脅威にさらされている日本。 これには何か意味があるはずです。 ここで、立ち止まって気づかなければいけないことがあるはずです。 経済成長しなければいけないのか。 便利であることが豊かさなのか。 失ってきたものがあるのではないか。 この転換期ともいえる状況の中では、立ち止まって振り返り、未来を思考したうえで、勇気をもって、前を見つめ歩き始めることが大切だと、わたしは思っています。

・ The Earth Song
Category : 社 会 Comment : (0) |
2012-04-24(Tue)
みなさんこんばんわ、
久しく記事を書いていないにもかかわらず訪れてくださり、ありがとうございます。 どうもわたしは、仕事に集中してしまう傾向があり、記事がなかなか書けないでいます。 仕事はほんとうに大変だけれども、いいものです。 ひさしぶりに復帰してみると、体に活力が湧いてきます。
” 体が健康な間は仕事をするのもいいかな (^ ^ ” という気持ちが頭をもたげそうですが、6月からはいつものように記事を書いてまいります。 

東京は桜も散り、新緑が目立つようになりましたが、東北や北関東の山里は今週からゴールデンウイークにかけて満開となるのではないでしょうか。 秋田の角館の桜は木が大きく高いので、花が散ると曼陀羅華のように天から降り注いできます。 満開の桜もいいですが舞い散る桜もいいものですよね。 ということで、今日は、前にも紹介したアンドレ・リュウ氏の 「 SAKURA 」 の演奏をお聞きください。

・ SAKURA

関 連 → セカンドワルツ
Category : 音 楽 Comment : (0) |
2012-04-08(Sun)
今日、創価大学に行って、「 法華経――平和と共生のメッセージ 」 展を観てきました。

blog_import_523d8c1107ffa.jpg

展示で特に興味深かったのは、ガンジーと法華経の繋がりを示したパネルでした。 ガンジーはサンスクリット語の法華経を手に入れてよく読んでいたようで、それと同じ本が展示されていました。 パネルにはガンジーと日蓮大聖人の繋がりも示されており、ぜひ一見をお勧めいたします。 また、日蓮大聖人が手元に持っていた注・法華経(妙法華寺所蔵)の複写が展示されおり、そこには大聖人直筆の書込みが多数あり、研鑽の様子が伝わってくるようで、いまそこで大聖人が書込んでおられる姿をまのあたりにしているような思いにかられました。
そのほか、法華経の歴史や研究成果などわかりやすくパネルで紹介されていますので、時間をかけてゆっくりと御覧になると良いと思います。 わたしは、昼食を挟んで午前と午後の2回に分けて観ました。

blog_import_523d8c2234c0b.jpg

東京では桜が満開でしたが、八王子の創価大学ではまだ3分から5分という状態でした。 たぶん今週の中頃には満開となり、週末は散りはじめるのではないでしょうか。 建学の碑のある枝垂桜は満開でした。 周桜はまだ2分咲きでしたから、週末が見頃かもしれません。

blog_import_523d8c43b53a4.jpg

blog_import_523d8c5526fc2.jpg

お昼を創価大学内の食堂で済ませ、その後、周桜の見学に行ったのですが、途中、文学の池付近で、日中国交40周年を記念した第33回周桜観桜会のオープニングセレモニーが行われようとしているところに出会い、驚きとともに ” ラッキー ” と思いながら参加させていただきました。 (^^
中国の関係者や来賓も来られていて、中日学生の開会宣言から始まり、学長挨拶、中国大使館関係者の祝辞、周首相の親族(姪)の挨拶がおこなわれてゆき、学生の歌や琴演奏や舞などもあり、例年になく盛大に行われた様子で、池田先生が蠟穎超女史に贈られた詩から歌詞をもらい曲をつけた「 桜花縁 」 を参加者全員で歌うなどして、春の日差しの中、気持ちの良い爽やかな風に包まれて、中日友好の調べを楽しませていただきました。 
どのような状況であろうとも、池田先生と周恩来首相が築いた、中日の信義と友好の金の橋を、互いに守りあい、大事にしていくことの大切さを実感させていただいた一日でした。

blog_import_523d8c76a30af.jpg

参加者全員で日本語と中国語で歌った「 桜花縁 」 。 このとき初めて歌いましたが、美しい旋律とやさしい音色に感動でした。

・ 桜花縁
                   作詞:山本伸一
                   作曲:福島新一

イントロ      その名 「 周夫婦桜 」
          敬愛の思いあつく
          日中の若者が万代の平和を願い
          植えしものなり
          麗日 桜花を眺めば
          懐かしき思いで重なりて
          胸中に千花の彩りあり

歌  詞     (ラララララ・・・・・・)
          時は去り 時は巡り
          現(うつ)し世に 移ろいあれど
          縁の桜は 輝き増して
          友好の 万代なるを 語り継げり
          我も称えん
          心の庭に 友誼の桜は 永遠なりと
Category : 日 記 Comment : (2) |

No title * by 河越武蔵守頼重
私も、来月行って来ます。
牙城会の碑も見て来ようと思います。

No title * by 夕焼け
頼重さま、おはようございます。

来月、新緑がきれいでしょうね。
時間をかけて、ゆっくりとお過ごしください。

オープンキャンパスまで観ると時間が足りないかもしれませんよ。 (^^
いずれにせよ、きっと楽しく有意義な一日になるでしょう。

2012-04-06(Fri)
88f513c1.jpg


久しぶりに早く帰ることができました。 帰り道、川沿いの桜並木が満開で、照明の下に花びらが夜空に浮かびあがり、とてもきれいでした。

明日は、天気が良ければ創大に行きます。 (^^
ひさしぶりに記事が書けそうです。
Category : 日 記 Comment : (2) |

No title * by 菊川広幸
夜桜、美しいですね。
創価大学の法華経展に行かれるんですね。
大学の桜は咲いているのでしょうか?
展示会の記事、楽しみに待っています。^^

No title * by 夕焼け
菊川さん、おはようございます。

土曜は、寒くて風が強かったので、日曜に行きました。
ひさしぶりの創大です。
新総合教育棟や看護棟などの建設も進められており、様変わりしていく景観に、ちょっと寂しさもありますが、発展し成長する息吹を感じてきました。 (^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。