--------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category : スポンサー広告 Comment : (-) |
2013-05-13(Mon)
blog_import_523db19e9340e.jpg
(Wikipedia PD 宣言の草稿を作るリンカーン大統領)

休日に、映画 「 リンカーン 」 を観てきました。

監督はスティーブン・スピルバーグ。 リンカーン役はダニエル・デイ-ルイスが演じています。 彼はこの作品でアカデミー賞主演男優賞に輝き、3度目のオスカーを手にしました。 映画は、4年も続いた南北戦争の末期、ワシントンを舞台とした修正憲法第13条の採決をめぐる政治的駆け引きと、それをめぐる、リーンカーンとその家族の葛藤を描いております。

修正憲法第13条というのは、あの有名な奴隷解放宣言を憲法に規定する条文で、当時、上院ではすでに可決していましたが、下院では、2/3以上の賛成をとるのがとても難しい情勢にありました。 リンカーンは過酷な心労と、苦渋の決断を強いられます。 そして、反対議員の懐柔工作と、和平の進展を遅らせる工作を決断してゆきます。 映画の後半に、大統領が、2人の若い電信士と短い会話の後、電報を依頼する場面や、大統領執務室でリンカーンが静かに採決を待っているときに、町の鐘が次々と鳴り響いてくる場面がありますが、ぜひ映画を観て、いろいろな思いを感じとってみてください。

リンカーンが、採決が大変だから、2/3ではなく1/2以上の賛成を修正要件にしよう、と言い始めたとしたら、どんなことになっていたでしょう。 想像してみるに、わびしいというか、さみしい気持ちにさせられます。 それは、憲法の威厳や権威を貶める、あまりにも貧相な発想であり、リンカーンにはそんな発想は微塵もあるはずがありません。 2/3以上の賛成だからこそ価値があり、重い意味があるのだと思います。 
日本の場合は国民投票があり、衆参両院の発議要件は1/2でもいい、という考えがありますが、それは、国民投票の投票率と採決要件を2/3以上とするならば、それもよいと思います。
スポンサーサイト
Category : 趣 味 Comment : (0) |
2012-09-12(Wed)
わたしは、60歳をすぎて、映画をシニア料金で観れるようになってから、映画館で必ず観るようになりました。 それまでは、よほどの期待作でないかぎりは、レンタルDVDで観ることにしていましたから、60歳をすぎてから、生活スタイルにちょっとした変化が生まれました。

シニア料金は1000円です。 うれしい料金です。 好きな映画を、街歩きを楽しみながら観れるのは、幸せなひとときであります。 浮いた800円は、気にせず好きなことに使えるので、ちょっとした贅沢な気分を味わうこともできます。 たとえば、+ 800円で回転寿司からお寿司屋さんにランクアップが楽しめますし、散歩の休憩のひとときに、コーヒー一杯に、おいしいケーキを付けることもできます。 (^ ^
800円ですが、意外と、心と胃袋を楽しませてくれます。

ブログで、観た映画の紹介をさせていただいたのが、去年の11月でしたから、もう1年近くになってしまいました。 そのあいだ、けっこう観ているのですが、紹介したいと思う作品をまだ目にしていません。 3DやCG映像はとても素晴しいのですが、映画ににかかせない、ヒューマニズムに裏打ちされた人間模様が、描ききれていないと感じています。

来週の土曜日には何件か観る予定ですが、その中に ” 放射線を浴びた 「 X年後 」 ” という作品の上映があります。 期待している作品ではありますが、日本の、しかもTVドキュメンタリーですから、期待はずれでないことを願いつつ、観てくるつもりです。 もし興味があれば、皆さんも観られてはいかがでしょう。

blog_import_523d9c0523105.jpg
(写真:Wikipedia CC 1954 U.S.D.E  Castle Bravo Blast
Category : 趣 味 Comment : (0) |
2012-09-06(Thu)
何日か前の聖教新聞に、不思議な写真を撮るアーティストのインタビュー記事が載っていました。

興味がわいて、インタビューを読みながら、作品を眺め、「ほほー」と思いました。 とても面白い写真です。  わたしも写真を撮るのが好きですが、こうゆう撮り方もあるのかと、新鮮な驚きを覚えました。 写実ですが写実で無いような、物語性のある作品となっています。 撮る楽しさを覚えた情熱が伝わってくる作品です。 作者は、まだ若い女性ですが、話題になっているようで、林ナツミさんという方です。 聖教新聞には数点の作品が掲載されていましたが、その中でわたしが、いちばん気に入ったのが下の写真です。

blog_import_523d9b97eac47.jpg
(写真:2012年9月2日付聖教新聞 Fri.05.06.2011 林ナツミ)

つねづね、 ” 落ち着きなさい ” と言われて育ってきて、 「 地に足がついていない 」 自分がコンプレックスだったのが、 ” 地に足が着いていないなら浮いてしまえばいいじゃないか ” と撮り始めたそうです。 被写体はナツミさん本人です。

作者のHP→ よわよわカメラウーマン
Category : 趣 味 Comment : (0) |
2012-03-29(Thu)
今日は昨日UPする予定だった、渓流釣りの動画を紹介いたします。

わたしは、30代から渓流釣りを始め、やがて、源流を登り歩く沢登りをするようになりました。 しかし、それも50代で体力低下や危険防止(滑落、熊)を考えてやらなくなりました。 60代に入り時間ができたので、沢登りは無理でも渓流釣りはやりたくてしかたがありません。 しかし、いまだ夢は叶っていません。 
わたしがやっていた釣りは、餌釣りという、ごくスタンダードな釣りです。 フライフィシングもやりましたが、源流の渓流遡行には不向きで、沢で虫を取り、短い竿で岩魚や山女(アマゴ)を釣上げていました。 こんど再開するにあたって、昔から日本の伝統的な漁法としてあるテンカラをやりたいと思い、いま研究しているところです。 やる日が楽しみです。 (^^)

・ tenkara 1・2
Category : 趣 味 Comment : (0) |
2012-03-21(Wed)
beffd251.jpg


ビルの外壁からニョキと出た猫の足。 しかも、ロボットを思わせるような足がずら~と並んでいました。 ん~、人間て、こんなもの作っちゃうんだ。
Category : 趣 味 Comment : (0) |
2012-02-08(Wed)
聖教新聞の文化欄を何気なく見開いたら、「 月曜に乾杯 」 という字が目にとまり、わがブログと同じような言葉だ、と、見てみると、「 汽車はふたたび故郷へ 」 という新作映画の紹介と監督のインタビュー記事でした。 わたしが初めて知る監督で、オタール・イオセリアーニという方です。 資料を読んでみると、過去にカンヌ国際映画祭・ヴェネチア国際映画祭・ベルリン国際映画祭などで高い評価をされている監督と記されています。 旧ソ連のグルジアで生まれ、短編映画を何本か手がけてから「 四月 」という作品をはじめ、いくつか発表しましたが、ソ連政府によってたびたび上映禁止にされたため、フランスに活動の拠点を移して活動してきた監督です。 作品には日本でも上映された「 素敵な歌と舟はゆく 」 、 「 月曜に乾杯 」 、 「 ここに幸あり 」 があるそうです。 
今回は主人公が映画監督で、自国での映画製作に絶望し、新天地を求めてフランスに旅立つという、監督自身を投影したような作品になっているようです。

c1c561bb.jpg
(Wikipedia PD Alsandro)

監督はインタビューのなかで、「 権力を持つということは、一時的なことです。 しかし、思想を持つことは一時的なことではありません。 」 と、権力者は ” 期限付き ” であると指摘し 「 葛飾北斎であれば永遠です。 権力は短く、芸術は長いのです。 」 と、アーティストは、自らの思想や良心を貫いていくことが尊いと話しています。
また、 「 多くの人にとって貧しさは自然なものですが、不正に蓄財した人は絶えず良心がうずくのです。 彼らは幸福ではありません。 例えば、自ら額に汗しないで得たお金を持つ若者が、愛情ではなく外見だけで伴侶を選んだとしましょう。 彼にはさまざまな困難を共に乗り越えるとか、子どもを立派に育てて家族仲良く慕らそうとか、そういうことが結婚の中に入っていない。 そこには打算があり、高貴さが欠けています。 そういう人生は、あたかも死んでいるような人生です。 本当に生きるためには真面目なことをすべきでしょう。 不正な富を持つ人々は、本当の人生を見失ってしまった不幸な人です。 しかし、そういう人をも愛すべきだと、わたしは思っています。 」 と、私たちに、打算でなく本当の人生を生きてほしいと訴えかけています。

この記事を読み、わたしは興味を持ち、見に行きたいと思いました。 

2月18日(土)から東京の岩波ホールをかわきりに、順次ロードショーされるそうです。
Category : 趣 味 Comment : (2) |

No title * by 靖 司
初めまして。そして、まずはごめんなさい。月下さんブログのFT(No.4)にて夕焼けさんと他のゲストの方との会話に横レスをしてしまった事で月下さんより注意を受けた者です。万が一、夕焼けさが「非礼」だと受け止められる乱暴な表現があったとするば、それは私の本意ではありません。申し訳ありませんでした。

No title * by 夕焼け
靖司さん、ようこそ。

文章書いて、クリックして、見て、あ! しまった。
わたしもありますよ。 (^^
コメントは字数制限もあるし、コメント欄は小さいし、
前の文章(やりとり)見るのも手間かかるし、わかります。

あれは、彼に答える価値がないの意味です。

2012-01-18(Wed)
35256faf.jpg


さくら咲く、といっても去年撮った桜です。

桜は日本の国花ではありませんが、日本人にとても愛されている花です。
普通の山桜は葉が出てから花が咲きますが、ソメイヨシノは花が咲いて散りはじめると葉が出てきます。 そのため、樹木全体が花で覆われて、艶やかな姿を見せてくれます。 桜は冬の間、枯れていますが、寒さの中で蕾みを作り、成長させていきます。  そして、春の訪れを感じながら、暖かさの前に急に気温が下がった後に、より鮮やかに爛漫と花を咲かせるそうです。

御書に 「 法華経を信ずる人は冬のごとし冬は 必ず春となる 」 とありますが、桜は、この御文の春を象徴するかのように爛漫と咲き誇ります。 ソメイヨシノの花は5枚だそうで、花言葉に 「 法華経を信じる人 」 と加えたいものです。 創価のシンボルマークは八葉蓮華ですが、どこか桜の花にも似ているようにわたしは感じます。
Category : 趣 味 Comment : (0) |
2012-01-11(Wed)
733ca039.jpg


民家の壁にへばり付いて、
きれいな紅葉を見せてくれていました。
いけ花のような美しさです。

街歩きをしていると、いろいろな場面に出会います。
Category : 趣 味 Comment : (0) |
2012-01-04(Wed)
533d2cc7.jpg


池田SGI会長は2012年1月2日で84歳の誕生日を迎えられた。
その日、我ら同志に ” 希望は人生の宝なり ” と詠われた詩を贈っていただいた。 その中に、去年亡くなられたマータイ博士の言葉があります。

「 希望は花のようである。 どんな状況においても、誰が見ていようがいまいが、花は精一杯、咲き誇る。 人間もまた同じである。 」

同じ日、路傍に咲く一輪の花をわたしは撮った。
” わたしはちゃんと見ているよ ” と思いつつ、その美しさに感動して、元気を貰った。  願わくば、東北の友も希望を持って花を咲かせ、全国の人たちを感動させて共々に喜びたい。
Category : 趣 味 Comment : (2) |

No title * by トッシー
毎日忙しく通っている道、花がどこに生えてるとかさえも気にした事もなかったです。。きれいな黄色い花ですね。癒されます☆

No title * by 夕焼け
トッシーさん おはようございます。

わたしは、写真を撮るのが好きです。
学会活動より、好きです。(笑)
でも、学会活動そのものである池田先生の撮った写真に、
わたしの撮った写真は敵いません。 (^^

2011-12-21(Wed)
今日は、わたしの趣味である、渓流釣りから始まった、沢登りの醍醐味を紹介いたします。 もうこの歳ですから無理ですが、この黒部川源流は、一度は行ってみたい憧れの地でありました。



沢登りでは、流れに逆らって泳ぐのはとても無理ですから、岩場をへつったり、巻き込んで移動していきますので、プチクライミングが楽しめます。
Category : 趣 味 Comment : (2) |

No title * by 河越武蔵守頼重
なるほど、渓流釣りですか。

私の母も好きでした、釣りが。
何処か、男っぽい性格でしたから。

No title * by 夕焼け
河越武蔵守頼重さん おはようございます。

アウトドアライフ いいですよ。
人間は動物ですから、動かないといけません。
動くことが、生のエネルギーとなるように出来ています。
そう、実感する、今日この頃です。

2011-12-07(Wed)
blog_import_523d75e38aec3.jpg


この間の雨の日、近くの公園で撮った落葉です。
溜まった水溜りに木々の葉が落ち、その葉に雨の雫が浮いていました。
こんな小さな空間にも、一つの世界がありました。
宝石のような雨粒でした。

冬の寒さが身に染みましたが、透きとおるような空気感と静けさに、かえって意識が冴えて、爽やかな感覚に浸り、とても気持ちが良かったです。

これから益々、寒くなります。 
風邪などひかぬよう、体をいたわってお過ごしください。
Category : 趣 味 Comment : (2) |

No title * by 菊川広幸
美しい写真ですネ。
この世の深みを感じます。
宝石の100倍美しいですね。

No title * by 夕焼け
菊川さん おはようございます。

そうなんです。^^
ブログですから、いたしかたありませんが、
原画を皆さんにお見せできないのが残念です。

2011-11-09(Wed)
今日は、 「 フェア・ゲーム 」 という映画を観てきました。
「 ミッション:8ミニッツ 」 と、どちらにしようか、だいぶ迷ったのですが、2つとも観ると決めて、先にこの映画を観ることにしました。 (^^

監督はダグ・リーマンというニューヨーク州生まれのアメリカ人で、2002年にマット・デイモン 主演の 「 ボーン・アイデンティティー 」 をヒットさせて、メジャーの仲間入りをした監督です。 主演はナオミ・ワッツとショーン・ペンが夫婦役で務めています。 ショーン・ペンが渋くていいですね。 わたしは 「  I am Sam アイ・アム・サム 」 ・ 「  ミスティック・リバー 」 がとても印象に残っていて、実力のあるいい俳優だと思っています。 内容は、2003年3月のイラク戦争開戦前の実際に起こった出来事が発端となって、事件を巡って展開する社会の動きと夫婦の葛藤が描かれており、政府の不正をただす社会派作品となってます。 「 fair game 」 とは俗語として攻撃や嘲笑するかっこうの標的という意味だそうです。

この映画を見終わって、頭に繰り返し浮かぶのは 「 なぜ、アメリカは、戦争に突き進んだんだろう 」 という思いでした。 一般的には、石油利権からだとか、ブッシュJの復讐心からとか言われていますが、とても納得のいく理由だとは思えません。 あのブッシュJの無表情な顔や戦争ありきの進み方は、もっと別なことが隠されているような気がします。 いずれにせよ、この作品はイラク戦争を改めて考えさせられる映画です。 映画の後で、本屋に寄ってイラク戦争に関した本をいろいろと探しましたが、意外と少なく、それでも何冊かありましたので、図書館で借りて読もうと思います。

blog_import_523d6f2673919.jpg
(写真:YouTube フェア・ゲーム)

・ フェア・ゲーム
Category : 趣 味 Comment : (0) |
2011-11-02(Wed)
3d211085.jpg 

街を歩いていると、ビルから鳥の鳴き声が聞こえてきました。 最初はBGMかなと思ったのですが、あまりに騒がしいので、へんだなぁと思ってみあげると、なんと、ビルの日除けの桟に雀の群れが止まっているではありませんか。
 
ca76b3cb.jpg 

うまい具合のとこ見つけたなぁ。  (^^
Category : 趣 味 Comment : (0) |
2011-10-19(Wed)
cd1278a9.jpg


街を歩いていて、ちょっと変な雰囲気を持った犬に出くわしました。
もう、お年のようですが、なんか人間臭さを感じます。

「おう、元気か。 かぁちゃんどうしてる?」って言われそうです。(笑)
Category : 趣 味 Comment : (0) |
2011-08-30(Tue)
ea280756.jpg


博多に行くときに撮った富士山です。 今までで一番良く撮れたものです。 火口の形が八葉蓮華に似ていることから、多宝富士大日蓮華山とも呼ばれるようになったと言われています。

山というのは高みに行くほどに、厳しい環境となり、ときとして、寒風にさらされ、雨に打たれ、吹雪に覆われます。 その山肌には、苦闘に耐え忍んだかのようなシワが、深い筋となって幾重にも見えます。 それでも、泰然自若とした雄姿をこのように見せてくれる富士に、わたしは、凛とした美しさを感じます。
人間革命の道に飛び込み、額に汗を浮かべながら、友の幸せを祈り、心無い罵声に耐え、幾山河を乗越えた同志の姿にも似た富士山。

いいですねぇ。 
Category : 趣 味 Comment : (0) |
2011-08-23(Tue)
db52ad0f.jpg


数年前、大島に運転免許を取得するため飛行機に乗って教習所に向かったときの景色です。 三浦半島と富士山と伊豆半島が一望に広がっていました。 いままで国内外の飛行機では、このような位置で見ることは無かったので、新鮮な風景でした。 一望に見えるところは、日蓮大聖人の有縁の地でありますが、わたしにとっても思い出深い地ばかりです。

30分の飛行でしたので、このあたりで着陸態勢のアナウンスが流れます。
え!もう?という感じでした。(^^
Category : 趣 味 Comment : (0) |
2011-08-16(Tue)
f6e24fbf.jpg


街歩きが好きなわたしですが、いろいろな発見をします。 これは街路樹の下にあったクローバーの喫茶店です。
 
いいですねぇ。 ” ブレンド、ブラックでひとつ ” と言いたくなります。(^^
Category : 趣 味 Comment : (0) |
2011-08-02(Tue)

c8928570.jpg



民家の擁壁にあった鬼瓦です。
鬼瓦は古来から魔除けとして使われますが、
これはたぶん、火事にならないように水をテーマにデザインしたものでしょう。
なんかユーモラスな感じで、親子で笑っているようにも見えます。
Category : 趣 味 Comment : (0) |
2011-07-04(Mon)
60b133e8.jpg


家の近くで通りすがりに見かけた野良猫(?)なんですが、ん~ 人形のように身じろぎもせず、こちらがカメラを向けてもご覧のよう。 猫を飼ったことが無いので、その気持ちを察することは困難ですが、この表情、癒されるなぁ。
Category : 趣 味 Comment : (2) |

No title * by 菊川広幸
ふっ、ふっ、ふっ。
面白い写真が撮れましたね。
もう、にゃん生を極めた!って表情に見えます。^^

No title * by 夕焼け
菊川さん おはようございます。

そうでしょう? にゃん界の縁覚界ぐらいでしょうかね。(^^


2011-06-27(Mon)
今日はひさしぶり(5年ぶり)に劇場で映画を観てきました。 最近は、吹替え版も同時上映するようですが、やはり字幕版を観ました。

作品はJJエイブラムス監督の 「 SUPER 8 」。

スティーブン・スピルバーグが製作を担当。 監督のJJエイブラムスは映画やTVドラマの脚本家として出発し、トム・クルーズ主演のMission: Impossible III で監督デビューをした人です。 若き日のカーク船長やスポックを描いた 「 スタートレック 」 に続き3作目の監督作品となります。 TVドラマ 「 LOST 」 でエミー賞を受賞したことでも知られる人です。

映画は、自主映画を撮影する少年達(4人)と少女が、列車の脱線転覆事故に遭遇する(正確には巻き込まれる)ところから事件が始まります。 そのとき少年達と少女は、不思議な立法体と  ” 何か ” を目撃し、事故を起こしたトラックの運転手を見つけ、その瀕死の運転手に事故で見たことを口外したら殺されると警告されます。 そして事故の後、町では奇妙な事件が次々と起こり行方不明も出はじめます。 映画全体は、軍が事故現場の町にやってきて隠蔽工作をするなか、偶然目撃していた少年達が秘密を知り、少女を助けるために奮闘する。 という流れで、 「 未知との遭遇 」 や 「 E.T 」 を一緒にしたような展開ですが、片親の少年と少女の親たちの確執、愛しているのに素直になれない親子関係、少年と少女の淡い恋、などが事件と絡み合って進行していきます。 少年達の描写と冒険的日常を描いた 「 スタンド・バイ・ミー 」 をちょっと加味したような作品になっています。
時代設定は1970年代。 ちなみに、題名は当時盛んに動画用として使われたコダック社の8mmフイルム ” SUPER 8 ” からきています。

感想としては、まあまあかなというところでした。
色々なものが描かれていて、それぞれをもう少し丁寧に時間を掛けて描いていれば、いい作品になったと思います。(まあ4時間は必要ですが。) スティーブン・スピルバーグの少年時代をノスタルジックに表現したメモリアル映画かなとも感じます。 いずれにせよ、ひさびさに劇場の迫力を味わいました。 脱線転覆事故の特撮はすごいですよぉ。 興味のある方はどうぞ映画館で観てください。
ポップコーンの皮が歯ぐきに挟まってとれません。 歳ですねぇ。 (^ ^

blog_import_523d514915d53.jpg

・ SUPER 8 予告編
Category : 趣 味 Comment : (0) |
2011-06-22(Wed)
9c4340ac.jpg


家に生えてる雑草の小さな小さな花です。
きれいでしょう。

もともと機械いじりは好きではありませんでしたから、カメラには興味が無かったんですが、中学生のときに部員が足りないからと友人に懇願されて、しぶしぶ写真を始めました。

当時は、今のような自動のカメラはありませんので、撮る内容・場所・時間・天候・効果を考えながら、絞りとシャッタースピードとフイルム感度の数値を決めて撮らなければなりません。 同じ条件・被写体でも数値の組み合わせで色々に撮ることができます。 意図する写真を撮るためには、まず、この技を養わなければいけません。 失敗もあれば、発見もありで、これが意外と面白いのです。 オレンジ色の光に包まれた暗室の中で、現像液に沈んでいる感光紙からホワーと浮かんでくる画像にワクワクしていました。
不思議なことですけれども、写真は同じカメラで同じ被写体を撮っても人により雰囲気が違います。 撮る人の想いや人間性がそこに出てくるのです。 それとカメラを覗いていて発見したのは、この現実世界の美しさです。 階段の朽ちかけた床のタイル、雨上がりの雑草、ゴミの中のしわくちゃになった新聞、たばこの吸殻、老木の苔むしる肌、黒板の文字、古ぼけた小さな人形 ・・・・・・・etc。 身近な場所に、身近な物に、とても美しい世界があるのには驚きました。 それまでは、見ようともしなかった、気がつかなかった世界です。
 
60歳を過ぎて、今度は、いままで見過ごしてきたかもしれない、すばらしい人生を発見していこうと思っています。
Category : 趣 味 Comment : (0) |
2011-06-20(Mon)
わたしの趣味は、映画とカメラと渓流釣りです。

映画はユル・ブリンナー主演の 「 王様と私 」 が最初に見た映画です。
見る傾向としては洋画で、ハリウッド作品が多いと思います。 楽しんだり、感動したり、学んだりの作品が好きで、自然と日本映画は観なくなりました。 間違いなく観るのはSFアクション冒険ものです。 手放しで楽しめるのが気に入ってます。
シニア料金で観れるようになり、ビデオでなく劇場に足を運んでみようと思っています。 (^ ^

カメラは、中学のときに写真部に入って始めました。
当時、手動の35mmカメラの中古品を手に入れ、学校のオンボロ校舎(木造)の暗室で現像・引き伸ばしまでしていました。 学校の文化祭で展示会を開いたり、有名メーカーの撮影会で賞を取ったりしたこともあり、ちょっとはまりました。
このころは、信心し始めたときで、勉強・生徒会・陸上でも活躍するようになり、 勤行・唱題の力で生命力がついて、パニック症候群なんか吹っ飛んでいました。 高校に行くと写真部が無いため映画部に入り、16mmを背負ってドキュメンタリーを撮ったりもしましたが、趣味としてはできないのでやめました。

渓流釣りは、社会人になり、上司とのつきあいやお客さんの接待で始めました。
たいがいは水上や那須方面ですが、知り合いの別荘で1泊して帰るというパターンでした。 イワナ専門でしたから、沢を登りながらのクライミング釣りです。 50歳くらいになったら体力が落ちてきて、危険になったのでヤマメに切り替え、比較的広い川で釣るようになりましたが、最近はやっていません。 しかし、ことしの夏にはまた始めようと思っています。 (^ ^
ああ~、沢の風に吹かれながらビールが飲みたい!
Category : 趣 味 Comment : (0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。